代々木上原にそびえ立つ「巨大モスク」の来歴

「東京ジャーミイ」を360度カメラで探訪!

代々木上原の地にたたずむオスマン・トルコ様式のモスク「東京ジャーミイ」(撮影:今井康一)
東京23区だけでも無数にある、名建築の数々。それらを360度カメラで撮影し、建築の持つストーリーとともに紹介する本連載。第1回の今回は、渋谷区の「東京ジャーミイ」へ訪れた。
なお、外部配信先でお読みの場合、360度画像を閲覧できない場合あるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みいただきたい。

新宿西口の超高層ビル街が遠望できる小田急線代々木上原駅の近く、井の頭通り沿いの一等地に壮麗なイスラム・モスクがある。これは、初めてその存在を知った人にはちょっとした驚きを与える建物だ。日本国内、東京都内では、そうそうモスクという建造物を見掛けることはないだろうから。

ジャーミイとはどういう意味か

この「東京ジャーミイ」というモスクは、華やかな外観の大変立派なもの。都内には新大久保や大塚など、実は何カ所かにモスクがあるが、それらと比べても格段に規模も大きく、装飾も凝っている。ジャーミイとは、トルコ語でモスクのことだ。

建物は2000(平成12)年に竣工したものなので比較的新しいと言えるが、実はこの建物は2代目のもので、同じ場所には1938(昭和13)年に建設されたモスクがあった。その初代モスクは日本の宮大工が作った木造建物。老朽化で雨漏りがひどくなり、1986年に取り壊された。その後、トルコ全土で寄付金が集められ、この2代目モスクが建設された。

井の頭通りを背に東京ジャーミイを臨む(編集部撮影)
次ページ伝統的なオスマン・トルコ様式と最新技術が融合
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT