「自分は凡庸」と思う女性こそ異動すべき理由

20代から自分の希望を主張しすぎるのは損だ

20代のうちはいろいろな仕事にチャレンジし、経験を積むことが大事です(写真:Fast&Slow/PIXTA)
ベストセラー『女性の品格』から12年。坂東眞理子・昭和女子大学理事長がいま考える、人生100年時代を納得して生きるために必要な「女性の美学」とは? 大人の女性の3大場面、「職場」「家庭」「社会」それぞれの場で女性の直面する問題にどう対応するか、この連載ではつづっていただきます。

組織の中で働いていると異動は避けられません。

私が長い間働いていた公務員の場合は2年で異動が普通でしたが、場合によっては1年で異動する場合もありました。異動の内示を受けると大抵「今の仕事をもう少し続けたいのに」と思い、気分が沈んだものです。「うれしいです、頑張ります」と心の底から言えた異動は十数回のうち4分の1もなかったと思います。

この連載の一覧はこちら

今になってみると恥ずかしいのですが、「いやだな、なんで私がこのポストにいかなければならないのよ、私には向いていない」、と渋々受けた異動もたくさんありました。ところがそうした不本意な異動が今になってみると新しい経験を積む場となり、思いがけない出会いをもたらし、自分の可能性を広げてくれました。

若いうちは異動オファーを積極的に受けたほうがよい

人間誰でも新しい仕事をするのは怖くて不安です。期待される水準の仕事をちゃんとできるかどうかわからない、新しい職場にどんな意地悪な人がいるかわからない、同じ仕事を続けていればそこそこの成果は出せるのに、なんでわざわざ新しいことをして苦労しなければならないのか。

男性の場合はこのポストをこなせばあの仕事ができるようになる、あのポストは将来に続く登竜門だ、というキャリアパスが見えていますが、女性の多くは将来のキャリアパスが確立していません。この仕事は自分の将来と結び付くのかわからないというのも不安の原因です。

しかし長い職業生活を経験した今になってみると異動のオファーは積極的に受けたほうがよいと断言できます。とりわけ30前後までの若いうちはいろんな種類の仕事を体験し自分の可能性を広げるべきです。逆にまだ20代のうちから「私はこれがしたい、これができる」と主張しすぎるのは大変もったいないことです。

次ページ異動を自分を育てる手段として受け止める
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。