「英語を話せる子」が自然にやっている勉強法

「今年こそ英語」と張り切る親に教えたい

英語力の向上には、まず英語に対する心の壁を作らない必要がある(写真:Fast&Slow/PIXTA)

2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催され、また2025年には大阪で万国博覧会の開催が決定。多くの観光客が日本を訪れることが予想されています。また出入国管理法が改正され、これからの日本にはますます多くの外国人の方々が住むようになるでしょう。

私たちはこれからの日本に生きる子どもたちにどのような英語を、どのように身に付けてもらいたいのでしょう。そのために今年からぜひ始めたいことを考えていきたいと思います。

早い時期から英語の音に慣れること

言葉は聞くことが基本です。自然に習得する母語も耳から聞いて身に付けていきます。人間は生後外界からの音の影響を受け、それぞれの環境によって覚える言葉が決定されます。日本語を聞けば日本語を、英語を聞けば英語を、スワヒリ語を聞けばスワヒリ語を身に付けるということです。

子どもは母語とは異なる音である外国語を耳から聞いて、真似して口にすることは、大人よりは容易だといえます。それは耳が敏感なだけでなく、外国語に対する心の壁が低いということも要因といえます。ですから、早い時期から英語の音に慣れておくことは、その後の英語習得にも効果的です。

耳にする英語は「意味のあるもの」がいいでしょう。音楽や歌、子どもなら絵本のリーディングなどが最適です。音楽なら英語のわらべ歌であるマザーグースや、子どもが好きな映画の英語の主題歌、保護者が好きな英語の曲でもいいでしょう。日常生活の中に流れているということが重要なのです。またCDやモバイルで聞くことができると、リビングやキッチン、車の中でも聞くことができます。家族によってどのような聞き方がいいのか、工夫をしましょう。

数年前、大好きになった映画『アナと雪の女王』の主題歌を、「レリゴー」と最初は日本語で歌っていた小学生の女子(小4)がいました。彼女は何かのきっかけで原曲が英語だと知り、「英語で歌いたい!」と英語の歌を練習したそうです。彼女はその映画が好きだったからこそ、歌を「英語で歌ってみたい!」と自分から思ったのです。さらには「上手に歌いたい」と何度も聞いて覚えたそうです。文字は読めませんから耳から聞いただけで、彼女はとてもきれいな発音で歌えるようになり、満足そうでした。

絵本のリーディングは絵が内容理解を助けてくれるので、子どもにとってはわかりやすいです。日本語にも訳されている海外の絵本だと、内容を知っていて物語の英語を耳にできますから子どもも楽しみながら聞いていられます。

次ページ子どもが楽しんでいるのを阻害する親の一言
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。