楽天イーグルス草創期に歩んだ初めの一歩

秋季キャンプで身に着けたのは真っ白ウエア

それでは、恒例の私の野球人生の振り返りを。今回はなんともタイムリーなことに、そんな岩隈投手とともに頑張った、楽天草創期の続きです。(前回記事:「楽天イーグルス」はいかにして誕生したのか

楽天に移籍が決まったメンバーとチームスタッフで新球場(現・楽天生命パーク宮城)の視察を終え、その足で仙台市内のホテルに移動して、顔合わせの挨拶やミーティングなどの結団式を行いました。

チーム全体として全員が集まったのは東北楽天ゴールデンイーグルスが誕生して初めてのことでした。メンバー構成としては同じリーグに籍を置くオリックスと近鉄の選手が過半数だったのですが、近鉄所属だった選手はさておき、オリックス側には大変失礼ながらまだ一緒にプレーしたことのない、顔と名前の一致しない選手もおり、彼らに「はじめまして、一緒に頑張ろうな!」と声を掛けました。

首脳陣の方々も田尾監督をはじめ、新しくお会いする方も多く「礒部です、よろしくお願いいたします!」と頭を下げて回ったのを覚えています。

結団式を終え、その足で向かったのは仙台市役所そばの市民広場でした。

ここでは握手会等のファンイベントが開催されました。そこにはすでに約1000人の方々が待っていてくださったのです。

東北の地に球団ができるという実感が高まっていった

東北という地に球団ができるという実感は、日に日に高まっていました。しかし、やはりファンの方々の顔を直接見せていただくと、さらに引き締まる思いでした。こうして、一つ一つの会やイベントなどを経ていくごとに、責任感や自覚を徐々に積み重ねていっていたように思います。

しかし、さらに正直に言えばこのとき、湿気た感傷に浸っているような暇はありませんでした。

プロ野球は開幕日が決まっています。その開幕に間に合わせるように、すべてのことが猛スピードで過ぎ去っていくのです。私は開幕まで、いや昨年ユニフォームを脱ぐまで、ノンストップで走る特急列車に乗り込んだのと同じでした。逆に日々のルーティーンをこなすことで、なんとか平常心を保っていたような節もあります。

ここまで話しておいて恐縮なのですが、あまりに嵐のような日々だったため、ところどころ記憶が定かではないところもあるくらいです。記憶力には自信のあるタイプなんですが、そんな私でさえ混乱してしまうくらいの日々でした。

仙台での結団式を終え、平成16年11月13日、いよいよ東北楽天ゴールデンイーグルスとしての第一歩となる秋季キャンプが、今はなき藤井寺球場にてスタートしました。メンバーは総勢40人ほど。近鉄・オリックスが中心の構成になっているため、関西圏でのキャンプになったのです。

次ページ50年ぶりに新規参入した球団のユニフォームは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT