38歳の岩隈久志が「日本球界復帰」で懸ける思い

ケガからのリハビリが続き復帰も待たれる

読売巨人軍の岩隈久志(いわくま ひさし)投手(撮影:吉濱篤志)
アメリカ・メジャーリーグのマリナーズを自由契約となり、今シーズンから読売巨人軍に入団した岩隈久志投手、38歳。8年ぶりの日本球界復帰となった岩隈投手はケガからのリハビリ・トレーニングに勤しんでいる。大阪近鉄バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス時代のチームメイトで、現在プロ野球解説者として活動する礒部公一氏が神奈川県川崎市のジャイアンツ球場を訪れた。

近鉄がリーグ優勝した2001年は、「いてまえ打線」「猛牛軍団」という名称とともに、当時の近鉄打撃陣を記憶している読者の方が多いかもしれません。

この年、岩隈久志という投手は近鉄入団翌年の高卒2年目で1軍デビュー。初年度9試合に登板し4勝2敗、防御率4.53。チーム防御率はリーグ6位の4.98でした。

4月上旬、岩隈選手のもとをプロ野球解説者の礒部公一氏が訪れました(撮影:吉濱篤志)

そして、これまでの私のコラムでも話してきたとおり、2004年の球界再編で、近鉄という球団は消滅。

岩隈投手とは「一緒に頑張ろう」と互いを励まし合い、2005年から新天地・楽天でイチからチームを作っていったチームメイトでもありました。

他のパ・リーグ5球団とは戦力も大きく劣る中でどうにかチームとしての形をつくっていったことは今でも鮮烈な気持ちとして残っています。

岩隈投手は2011年オフにメジャー挑戦し、マリナーズ時代はノーヒットノーランを達成するなど活躍しました。

巨人入団で日本球界復帰した岩隈投手

そして今年、8年ぶりに日本球界へ復帰、セ・リーグの読売巨人軍に入団。2017年9月に右肩をケガして手術を行い、マリナーズの契約最終年となった2018年もリハビリを続けてきました。今年2月上旬は、右ふくらはぎを痛め、現在実戦復帰に向け2軍での調整を進めています。

所属チームの巨人はスタートダッシュに成功し、5月1日時点で2位に1.5ゲーム差をつけて首位。岩隈投手の復帰も待たれます。

プロ生活20年目、この4月には38歳となった岩隈投手に今シーズンに懸ける思いをインタビューしました。

次ページ岩隈投手との一問一答
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT