特別な夜を彩る「色男感」満載のワインは何か

ジョージ・クルーニーばりのシャンパーニュ

セクシーで、華やかかつ熟成した大人の色香をまとうシャンパーニュとは(イラスト:くぼあやこ)

こんにちは、杉山明日香です。早いものでもう12月! クリスマスに年末年始と、ホリデーシーズンの到来ですね。師走の忙しさに加え、忘年会や送別会など、公私にわたりカンパイの多い時期かと思いますが、皆さんのご予定はどんな感じでしょうか?

さて、今回の「ワインの常識」のテーマはシャンパーニュ。私にとって、シャンパーニュとカンパイは切り離せない組み合わせです(笑)。

シャンパーニュの定義とは?

まず知ってほしいことは、「シャンパーニュとは、フランスのシャンパーニュ地方で造られたスパークリングワインだけを指す」ということです。フランスには原産地呼称制度というものがあって、簡単にいうと、法律で定められたルールに沿って造られたもののみ、その産地名を名乗ることができるのです。

連載の一覧はこちら

ワインの場合、地方名や村名、畑名などをラベルに記載する条件として、醸造方法はもちろん、ブドウの品種、栽培から収穫方法まで細かく定めることで、その品質を保証しています。よって、シャンパーニュとは、一定のルールに従ってシャンパーニュ地方で造られた発泡性のワインだけが名乗ることができる名称なのです。

一般的なスパークリングワインの総称または、フランスで造られた発泡性ワインのことをシャンパーニュと思っている方も少なくないのですが、いずれも間違い。つまり、イタリア産やアメリカ産のシャンパーニュなどは存在しません。また、シャンパンやシャンペンと呼ぶ方もいますが、シャンパーニュが正しい呼び名です。

フランスには10のワイン生産地方があるんですが、その中でパリから最も近いのがシャンパーニュ。シャンパーニュ地方の中心は「ランス(Reims)」という街で、パリからTGV(フランスの新幹線)で45分ほどの距離にあります。意外と近いので、日帰りでも行けちゃいます!

次ページシャンパーニュの造り方知っている?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT