「一流ホテルで朝食」が有益なこれだけの理由

実はそんなに値段が高いわけではない!

ハイクラスホテルを敬遠するのは、もったいないかもしれません(撮影:風間仁一郎)
一流ホテルは値段も高そうだし、自分にはあまり縁がない――そう思っていませんか?
確かに宿泊となると、行く機会は限られるかもしれません。でも、ホテルは宿泊するだけの場ではありません。ランチやお茶を楽しむラウンジやダイニング、それに優雅な雰囲気が味わえるバーなど、大人が「楽しむ場」でもあるのです。
チャールズ皇太子やオバマ大統領をはじめとする「世界のVIP」をもてなしてきた「ホテルオークラ」の元総支配人であり、『一流の品格をつくる ホテルオークラの流儀』の著者である石原直氏に、ハイクラスホテルの楽しみ方を教えてもらいます。

 

手軽に心のバケーションを取りたい時は

■その1:ハイクラスホテルで「朝食」を

長期の旅行ができない! でも、心のバケーションは取りたい……。

そんなあなたに覚えておいてほしいのは、少ない時間と予算でリッチな気分になれる簡単な方法、「ハイクラスホテルで朝食を摂る」ことです。

ホテルで朝ごはんというと「宿泊しなくては」と思いがちですが、決してそんなことはありません。宿泊している人と一緒に朝食を食べながら会話を楽しんだりすることもできますし、商談の場として忙しい相手をつかまえるいい機会でもあります。現にビジネスランチならぬ「ビジネスブレックファースト」を見かけることも多いのです。

しかし、ここでは自分自身のリラックスを目的に、一人か家族、友人との朝食を考えてみましょう。

和食にするか洋食にするか、まずは好みで選びましょう。「和朝食」は洋食に比べれば「おかずの選択肢」が少なく、主食を白いご飯かおかゆか選べるくらいでしょう。

ただ、ホテルの食事ですから、全国から取り寄せられた旬の食材や、貴重な食物を調理しますので、手間がかかっています。これは、家庭ではなかなかできないことでしょう。そこがホテルで和食を選ぶメリットです。

次ページでは、洋食は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT