「一流ホテルで朝食」が有益なこれだけの理由 実はそんなに値段が高いわけではない!

拡大
縮小

先日、テレビでソムリエの世界一を決める審査会を詳細に放送していました。

そのコンテストには客に扮した審査員にワインを勧めるテストがありました。そこでは普通のシャンパンと、値の張るビンテージもののシャンパン2本が用意されていました。

その審査で感心したのは、先に高い価格のビンテージシャンパンを勧めると減点になる点でした。これぞ正しいソムリエの有り方なのだと驚き、そして納得もしました。高いものとそうでないものがあれば、まず安いほうから勧める、要望があって初めてより高価なものへ移るのです。

ホテルも同じ姿勢です。ですから、ホテルでは、安心してワインを頼んでみてほしいと思うのです。

大事な時に失敗しないために

■その4:大切な食事は「事前に取材」しよう

大切な相手との食事、デートや接待でもそうですが、様子のわからない場所は使わないのがマナーです。

相手の希望もあるでしょうし、場所のわかりやすさや雰囲気などを考え、ホテルで食事をすることになったとしましょう。そういう場合は、できれば下見をすることをお勧めします。

書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

なにも食事をしてみる、ということではありません。スタッフに相談し、食事の目的を理解してもらい、いちばんふさわしい席を予約するのです。隅がいいのか、窓側か、奥か、個室か、どんな個室か、などです。そして事前にメニューを見ておくことです。相手の好みや苦手なものがわかっていればメニューに該当するものがあるのか、ないのか。予算の範囲内であればどんなものが食べられるのか、などについて事前に知っておけばよいでしょう。

いずれにせよ、自分自身がどぎまぎするような場面を避ける意味からも、重要な会合であれば、下見がおすすめです。場合によっては楽しいサプライズを仕掛けることを、スタッフと相談して行うこともできます。バースデーケーキなどは珍しくもありませんが、料理の一部に工夫を凝らしてもらうことも可能です。

以前、ゴルフでエージシュートを達成した先輩に、歳の数だけ丸い飾りを皿にしてもらったことがあり、大喜びされたこともあります。

このようにハイクラスホテルは皆さんの状況を聞いて、相談にものってくれるところなのです。大いに活用してみてください。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT