ホテル最高"六つ星"評価、マンダリンの秘密

メディア初公開の隠れ家ワイナリーも!

東京だけでも、星の数ほどあるホテル。どれも大差ないと思ったら、大間違い。一歩足を踏み入れれば、そのホテルにしかない、魅惑のストーリーが展開している。
レジャーとしてのホテルを知れば、より日常が楽しくなるはず――。この連載では、注目のホテルの総支配人を訪ね歩き、知られざるホテルの物語を発掘していく。
メディア初公開、ホテル内の”隠れ家”ワイナリーで、アンソニー・コスタ総支配人を直撃
東京・日本橋にあるマンダリン オリエンタル 東京は、香港に本社を持つマンダリン オリエンタル ホテル グループが日本に初上陸。2005年12月にオープンしたラグジュアリーホテルだ。
外資系、国産を問わず、ホテルランキングではトップを独走。ミシュランガイド東京ではホテル格付け最高ランクの評価。米国の権威ある格付け機関(アメリカン・アカデミー・オブ・ホスピタリティー・サイエンス)からは、世界で初めての「六つ星」の最高評価を取得している。
実際にホテルを訪れると、施設面ではとにかく「作り込み」の激しさに舌を巻く。呉服の街である日本橋をイメージして、ファブリック(織物)が随所に使われている。1階エントランスからして、糸を使った巨大なオブジェがある。フロントやバーの照明、部屋のソファーにもそれぞれ趣向を凝らしたファブリックが。正直、こだわりすぎではないか、というほど徹底している。
いったいマンダリンオリエンタルとはどんなホテルなのか。英国紳士、アンソニー・コスタ総支配人に聞いた。

メディア初公開の隠し部屋

――まず、うかがいたいのが、この部屋。37階のマンダリンバーのあたりに隠し階段があって、降りるとワイナリーになっているのですね。忍者屋敷のようで本当にびっくりしました。

私はここが大好きなのです。静寂な空間で落ち着くので、よく来ます。5000本のワインがあります。

通常、この部屋は仕事には使いません。開業時に秘密の空間として作ったのですが、まだ公式に使ったことはありません。東洋経済さんが、ここでの初めてのインタビュー相手になりますね。

次ページ六つ星って、どれだけすごいの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT