丸の内戦争で、パレスホテルが浮上したワケ

決死の大改装で、”ホテル族”を魅了?

ホテル戦争を戦っているのは、外資系ラグジュアリーだけではない。JR東京駅丸の内駅舎を復元して再オープンした東京ステーションホテル。大正ロマンの懐古を狙った戦略が奏功し、高度成長期に青春を過ごしたシニアたちを引きつけている。
その東京ステーションホテルから北西へ、皇居外苑の緑地を目指して進むと見えてくるのが、パレスホテル東京。50年以上前の1961年に開業した、国産ホテルの代表格だ。
東京駅に近いという意味では、日比谷の帝国ホテルと同様だが、100周年のステーションホテル、125年を超えた帝国ホテルと比べ、50歳は“ひよっこ”。そのハンディを埋めるためでもないだろうが、建物をすべて取り壊し、ゼロから建築し直して2012年5月に新装開業を果たした。目指したのは全国を見渡しても前例のない、”和製ラグジュアリー”とも言うべき新しいカテゴリーだ。
果たしてフル・リニューアルは成功したのか。渡部勝総支配人を直撃した。
1階メインバー「ロイヤル バー」。手前のカウンターは「Mr.マティーニ」と呼ばれた初代バーテンダー、今井清氏の設計で旧館から移設。建物は全面改装ながら、創業来の“精神”は随所に受け継がれている

――パレスホテルというと、やはり皇居のそばだから……やっぱり、皇室と関係があるのですか?

いえいえ。パレスホテルは、ヨーロッパでもアメリカでも、世界中にありますよね。もともと宮殿の意味もあるのでしょう。1947年から国営の帝都ホテルという高級ホテルがありまして、それが払い下げを受けて、1961年にパレスホテルとしてオープンしました。

まあ、帝国ホテルさんもインペリアルホテルですし、パレス(皇居)の前にあるということで、ラグジュアリーのある、一流のホテルを作ろうと、いろいろな思いを込めたのだと思います。ただ、いろいろ調べても、実は命名のいきさつは残っていないのですが。

改装後、女性客が急増

――命名の由来が謎とは、ミステリアスですね。それで、結局、お客は皇室ファンの方が多いのですか?

そうでもないですね。お客様は国内外の方を問わず、皇居の外苑というすばらしい庭園にすごく感動されますが、皇室のファンだからということではないのです。

そもそもパレスホテルの売りは、皇居のそばということではなくて、丸の内のビジネスの中心街にあるということです。丸の内1-1-1という場所にホテルを作ることができた、そのプレゼンスを大事にしてきました。

次ページ「ホテル族」がやってくる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。