1泊1円も登場!旅行サイトは戦国時代へ

じゃらん、楽天を追い越せ!エクスペディアが攻勢

世界最大級サイトが日本市場でもいよいよ本格攻勢へ(右は三島健・エアアジア・エクスペディア・ジャパン代表取締役)

「われわれは世界最大。2011年からホテルとフライトのフルパッケージを提供してきた。今回の制度で、これからはどのサイトよりも安くする」。世界最大級の旅行サイト、米国「エクスペディア」。その日本法人であるエアアジア・エクスペディア・ジャパンの三島健・代表取締役はそう力を込める。

家電量販も顔負け?の「最低価格保証」制度を開始

エクスペディアが発表したのは、4月から開始した「最低価格保証」制度。これは、他の旅行サイトがエクスペディアよりも、安いホテル代や航空チケットを提示した際、エクスペディアが同額まで差額を客に返金する、というものだ。さらに海外ホテルで使える5000円の割引クーポンも提供する。ここまで来ると、何やら家電量販店の値下げ合戦と変わりない。

それだけではない。すでに終了したが、4月には期間限定で「1円セール」を断行。グランパシフィック台場やニューオータニイン札幌など6ホテルで、1泊1円のセールを実施した。もちろん大赤字は必至なのだが、これはメディアに取り上げてもらうための“宣伝費”である。ちなみに最低価格保証で宿泊代を下げた場合も、負担は「エクスペディア側の持ち出し」(関係者)という。すでに海外では08年から最低価格保証を行っている。

次ページ低価格保証制度で知名度アップ、先行勢力を追撃
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。