1泊1円も登場!旅行サイトは戦国時代へ

じゃらん、楽天を追い越せ!エクスペディアが攻勢

世界最大級サイトが日本市場でもいよいよ本格攻勢へ(右は三島健・エアアジア・エクスペディア・ジャパン代表取締役)

「われわれは世界最大。2011年からホテルとフライトのフルパッケージを提供してきた。今回の制度で、これからはどのサイトよりも安くする」。世界最大級の旅行サイト、米国「エクスペディア」。その日本法人であるエアアジア・エクスペディア・ジャパンの三島健・代表取締役はそう力を込める。

家電量販も顔負け?の「最低価格保証」制度を開始

エクスペディアが発表したのは、4月から開始した「最低価格保証」制度。これは、他の旅行サイトがエクスペディアよりも、安いホテル代や航空チケットを提示した際、エクスペディアが同額まで差額を客に返金する、というものだ。さらに海外ホテルで使える5000円の割引クーポンも提供する。ここまで来ると、何やら家電量販店の値下げ合戦と変わりない。

それだけではない。すでに終了したが、4月には期間限定で「1円セール」を断行。グランパシフィック台場やニューオータニイン札幌など6ホテルで、1泊1円のセールを実施した。もちろん大赤字は必至なのだが、これはメディアに取り上げてもらうための“宣伝費”である。ちなみに最低価格保証で宿泊代を下げた場合も、負担は「エクスペディア側の持ち出し」(関係者)という。すでに海外では08年から最低価格保証を行っている。

次ページ低価格保証制度で知名度アップ、先行勢力を追撃
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。