来場4000万人超!スカイツリーの「稼ぐ力」

東武鉄道の6年ぶり好業績を牽引

昨年5月に開業した「東京スカイツリー」(東京都墨田区)。自立式電波塔では世界一の高さ634メートルを誇り、併設する商業施設「東京スカイツリータウン」とともに、早くも東京の観光名所となっている。

施設全体の来場者数は当初想定を大きく超過

スカイツリーを運営する東武鉄道によれば、昨年5月22日の開業から今年3月末までの来場者数は、スカイツリーが約554万人、スカイツリータウン全体が約4476万人となった。開業時点に想定していた同時点の来場者数はスカイツリーが400万人、スカイツリータウン2750万人。当初の想定をはるかに上回る好調ぶりだ。

スカイツリー効果は、東武鉄道の業績にハッキリと好影響を与えている。東武鉄道の前年度(2013年3月期)利益は、07年3月期以来、6年ぶりの高水準となる。

東武鉄道は4月10日、13年3月期の売上高見通しを5815億円(前期比7%増)、本業の儲けを示す営業利益525億円(同6割増)に上方修正した。昨年10月にも上方修正していたが、さらに営業利益を55億円上乗せした。営業利益500億円の突破は、07年3月期以来となる。

はたしてスカイツリーの「稼ぐ力」はいかほどなのか。詳しく分解してみよう。

次ページスカイツリーの収益はいくら?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT