「高額消費」復活で、旅行もホテルもウハウハ

帝国ホテルからクルーズまで富裕層殺到

エイチ・アイ・エスはクルーズ船「コスタビクトリア」によるツアー旅行をゴールデンウィークから始める

東京・銀座にあるJTBの高品質旅行専門店「ロイヤルロード銀座」では、1人50万~60万円程度のシニア層向け旅行商品「旅彩彩」が、ヨーロッパ行きを中心に2割増えている。112日間をかけて世界一周するクルーズ旅行「飛鳥Ⅱ」(100万円台~2000万円台)の2014年版の申し込みも、問い合わせが例年より1.5倍に膨れあがっているという。

円安や株高にまず現れ始めたアベノミクス効果だが、雇用者所得にはまだほとんど及んでいないこともあり、消費への本格的な反映はこれから。

ただ、保有株式の値上がりなどで豊かになった個人投資家や富裕層、その中でもシニア層を中心に、高額消費を牽引する動きが出始めている。景気好転の影響が顕在化するのが最も遅いといわれる旅行・ホテル業界でも、これまで優勢だった「価格志向」より「質の重視」へと、消費者の嗜好がじわりシフトしている。

シニアが先導し高い部屋、高い席から埋まる

エイチ・アイ・エス(HIS)がゴールデンウィークから始めるクルーズ船ツアー。「今年はクルーズの年」と旅行会社各社が力を入れており、HISも釜山など韓国に立ち寄りを含む日本一周ルートを発売、シニア層を中心に予約が殺到している。

クルーズ旅行というだけでも高額だが、注目すべきは各部屋の売れ方。「日当たりの良い海辺のバルコニー付きの部屋(写真)から先に予約が売り切れた」(HIS)のだ。

次ページ帝国ホテルは日本人客で活況
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。