フラガール、風評吹き飛ばす

常磐興産、原発停止で石炭も返り咲く

「石炭から石油」へのエネルギー革命が急速に進んだ高度経済成長期。廃鉱の危機に直面した常磐炭鉱(福島県いわき市)は、温泉とフラガールを前面に打ち出した一大テーマパーク「常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)」に転身することで乗り切った。その模様は日本アカデミー賞最優秀賞を受賞した映画『フラガール』(2006年)でも知られる。

それから半世紀近く経った2011年3月11日、再び東日本大震災という最大級の危機が、常磐炭鉱の後身である常磐興産を襲った。4月11日に発生した最大余震がいわき市直下型地震(震度6弱)だったこともあり、スパリゾートハワイアンズが一部再開されたのは同年10月1日になってから。全面再開となるグランドオープンは、さらに4カ月後の12年2月8日までずれ込んだ。

結局、2011年度(11年4月~12年3月)は書き入れ時の夏休みに営業ができなかったことに加え、再開後も福島原発事故の風評被害が影響。スパリゾートハワイアンズの利用者数は、日帰りが37.3万人、宿泊が8.5万人といずれも前年度比で7割強の大幅減少となり、1966年1月の開業以来、最低水準に落ち込んだ。

運営元である常磐興産の業績も、11年度は営業損益が15.4億円の赤字と、やはり開業以来初の営業赤字に転落。最終損益に至っては、震災に伴う災害損失などを計上したことから88.5億円もの赤字幅に膨らんだ。

社長が13年度150万人を宣言

それほどの大打撃に見舞われた常磐興産が、2012年度に入って、急速な立ち直りを見せている。その背景には、スパリゾートハワイアンズのキラーコンテンツともいえる「フラガール」の存在がある。

「2013年度は150万人を目指す」――。1月に行われた常磐グループの新年祝賀会で、斎藤一彦・常磐興産社長が行った“宣言”が、福島県の地元メディアで話題を呼んだ。

次ページ復興を2年も前倒し
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT