フラガール、風評吹き飛ばす

常磐興産、原発停止で石炭も返り咲く

東京ディズニーシーの人気イベント「ハロウィーン」におけるショーの一幕。ショーの内容は毎年リニューアルされ、リピーターの喚起につながっている(昨年11月、撮影:尾形文繁)

国内テーマパーク業界では後発ながら、圧倒的な来場者数を誇るオリエンタルランドは、運営する「東京ディズニーランド(TDL)」「東京ディズニーシー(TDS)」で実施する各種の季節イベントやパレードを一定の頻度でリニューアルしている。

常磐興産以上に全国区のテーマパークといえるオリエンタルランドだが、年間3000万人近くを数える入場者数の9割前後が、実は首都圏近辺から来るリピーターだという。

オリエンタルランドは、12年7月に新設した「トイ・ストーリー・マニア!」、今年5月に新装開業予定の「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」など、アトラクションの新設・リニューアルを集客の柱の1つに据えている。が、アトラクションは1施設造るにも設備投資が100億円前後もかかるうえ、計画から竣工まで数年単位で時間もかかる。

設備投資が必要なアトラクションに比べれば、イベントやショー、パレードは初期投資もかからず、利用者の反応などを見ながら臨機応変に入れ替えることができる。

オリエンタルランドは2012年度には、オリジナルキャラクター「ダッフィー」を前面に出した「スプリングヴォヤッジ」(TDSで4~6月実施)と「夏祭り」(TDLで7~8月実施)という季節イベントを新設。パーク開業30周年に当たる13年度は、周年イベント「ザ・ハピネス・イヤー」を通年で実施するほか、昼のパレードを「ハピネス・イズ・ヒア」というタイトルで一新する。

5年に1度の周年イベントでは来場頻度の低い地方客も呼べるが、まずは首都圏中心のリピーターに何度も来場してもらうために、イベントやショーを一定の頻度で刷新していく、というのがオリエンタルランドの戦略だ。

利用者数拡大にはリピーターが重要、という点では、スパリゾートハワイアンズも同じ。「フラガールにはハードなファンがついている。ショーをリニューアルすればリピーターに来ていただける」と常磐興産では説明する。

何度でも立ち上がる「起き上がりフラ」登場

フラガールの“活用”は、さらに広がりを見せている。

次ページ12年度の利用者数も上振れか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。