来場4000万人超!スカイツリーの「稼ぐ力」

東武鉄道の6年ぶり好業績を牽引

東武鉄道の12年度営業利益を部門別に見ると、「運輸」が288億円、「レジャー」106億円、「不動産」81億円、「流通」19億円となる見込みだ。

スカイツリーは「レジャー」「不動産」などにまたがるビジネスとなるが、スカイツリーをビジネスとして切り出すと次のようになる。タワー部分の売上高が188億円、営業利益91億円。ショップなど商業施設が連なるスカイツリータウンの売上高は127億円、営業利益20億円だ。

今回、東武鉄道全体の業績が上振れたうち、営業利益はスカイツリー関連で30億円の増額効果があった。また、スカイツリーには本業である鉄道の「東京スカイツリー駅」が隣接しており、運輸収入にも間違いなく好影響を与えている。

東武鉄道の業績はさらに伸長へ

東武鉄道は、すでに走り出している今年度(14年3月期)、さらに業績を伸ばしそうだ。スカイツリーはゴールデンウイーク(GW)を始めて迎え、通年にわたって業績に寄与するうえ、開業関連の費用負担もなくなる。社運を懸けてこのプロジェクトに取り組んできた東武鉄道。狙い以上の成果にウハウハだ。

(撮影:吉野 純治)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。