アパホテル、急成長の舞台裏

客室数は約3万5000、ビジネスホテル界の風雲児

アパグループを強烈な個性で引っ張る元谷代表

2015年6月。新宿・歌舞伎町に都内最大級のビジネスホテルがオープンする。旧コマ劇場広場の前で、以前はオデヲン座やオスカー劇場、アカデミー劇場などが入居していた第一東亜会館があった。現在は解体中で、施工は東急建設が請け負っている。

代わって新たに登場するのは、「アパホテル歌舞伎町タワー」。地上28階建て、客室620室で、露天風呂や大浴場なども備える。持ち主は、ビジネスホテル業界最大手の一角、アパグループだ。アパは第一東亜ビルからこのビルを買い上げた。周辺では東新宿や新宿御苑前でもアパホテルを展開する。

ちなみに斜め前の旧コマ劇場には、TOHOシネマズ(東宝系)のシネマコンプレックスやワシントンホテルが入居した「歌舞伎町シネシティ広場」がお目見えする予定。アパホテルも、“新装開店”する歌舞伎町のド真ん中を構成する一部となり、その存在感をますます高めている。

次ページアパはなぜ急膨張したのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。