沸騰!エアライン&ホテル

エアラインやホテル業界で、顧客争奪戦が開始

(ZUMAPRESS/アフロ)

成田─ロンドン線のビジネスクラス往復が23万円──。

日本航空(JAL)は2012年、ある法人客に衝撃的な航空運賃を提示した。09年に約85万円だった同路線の価格を、JALは4分の1近くまでディスカウント。国土交通省が実態を把握しにくい法人営業で、猛烈な攻勢をかけている。経営破綻していたころの面影はなく、そこにあるのはシェアを攻撃的に獲りにいく、新生JALの姿だ。

13年3月期、JALは売上高1兆2388億円に対し、営業利益1952億円をたたき出した。ライバルの全日本空輸(ANA)も過去最高営業益を更新。コスト削減効果は大きいが、旅客数や座席利用率も伸びており、確実に環境が好転したのがわかる。特に国内線は2月を底に底入れし、このゴールデンウイーク(GW)予約は、両社とも前年比でプラス転換した。

航空機だけではない。JR東日本では、3月の新幹線の営業収入が2ケタ増。アベノミクスによる資産バブルは、高額品だけでなく、レジャー需要にも火をつけた。

次ページ恩恵は航空、ホテルに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
  • 地方創生のリアル
  • ワインの常識10
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。