沸騰!エアライン&ホテル

エアラインやホテル業界で、顧客争奪戦が開始

(ZUMAPRESS/アフロ)

成田─ロンドン線のビジネスクラス往復が23万円──。

日本航空(JAL)は2012年、ある法人客に衝撃的な航空運賃を提示した。09年に約85万円だった同路線の価格を、JALは4分の1近くまでディスカウント。国土交通省が実態を把握しにくい法人営業で、猛烈な攻勢をかけている。経営破綻していたころの面影はなく、そこにあるのはシェアを攻撃的に獲りにいく、新生JALの姿だ。

13年3月期、JALは売上高1兆2388億円に対し、営業利益1952億円をたたき出した。ライバルの全日本空輸(ANA)も過去最高営業益を更新。コスト削減効果は大きいが、旅客数や座席利用率も伸びており、確実に環境が好転したのがわかる。特に国内線は2月を底に底入れし、このゴールデンウイーク(GW)予約は、両社とも前年比でプラス転換した。

航空機だけではない。JR東日本では、3月の新幹線の営業収入が2ケタ増。アベノミクスによる資産バブルは、高額品だけでなく、レジャー需要にも火をつけた。

次ページ恩恵は航空、ホテルに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT