ダッフィー、ディズニーシーの外でも買える

期間・アイテム限定で、“領海外”に船出

ダッフィー(中央左)とシェリーメイ(中央右)。TDS「スプリングヴォヤッジ」のショー「リドアイル・ウェルカム・トゥ・スプリング」の一幕。

東京ディズニーシー(TDS)独自の熊のキャラクターとして知られる、「ダッフィー」とそのガールフレンド「シェリーメイ」。

近年、首都圏の女子中高生の間では、携帯電話や通学バッグに付けるアイテムとして、ダッフィーやシェリーメイのストラップ付きぬいぐるみが大流行。TDSの季節イベントごとに発売される限定仕様のダッフィー関連グッズの購入をめぐっては、一部で“くま狩り”といわれるほどの人気過熱ぶりをTDS内ショップの店頭で見せている。

このダッフィー関連グッズは、日本国内ではTDS内でしか買えないというのが“定説”だった。TDSと東京ディズニーランド(TDL)からなる東京ディズニーリゾート(TDR)の運営会社、オリエンタルランド(OLC)もそうした公式説明を行っている。

が、期間と商品アイテムは限定されるものの、ダッフィーとシェリーメイの関連グッズがTDS外でも買えるという事実が明らかになった。ダッフィーは、これまで独自キャラクターとして守り育てられてきた、ディズニーシーという“領海”の外に進出しようとしているのか。その真相を追った。

新浦安のホテル内ショップにダッフィーが“春の航海”

JR京葉線の新浦安駅前にそびえ立つ、オリエンタルホテル東京ベイ。ロビー脇には、OLC直営のディズニーキャラクター商品ショップ「ディズニーファンタジー」がある。連休前の4月下旬のとある日、その通路に面した棚には、ダッフィーとシェリーメイのぬいぐるみが、よく見えるように陳列されていた。

次ページカギは「オフィシャル&パートナー」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。