東京ディズニー、2770万人目標は慎重すぎる

30周年効果大きく、入場者数は上振れ必至

東京ディズニーランドで4月15日からスタートした新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」の一幕

3月に期末を迎えた前2012年度は、年間入場者数が2750万人と過去最高を更新した東京ディズニーリゾート(TDR)。

今13年度はTDRを構成するテーマパークのひとつ、東京ディズニーランド(TDL)が1983年に開業してから30周年の記念イヤーに当たる。年間を通した記念イベント効果で、入場者数も業績もさらなる大幅更新が期待されているが、運営会社であるオリエンタルランドが発表した計画は、きわめて慎重な内容となっている。

30周年の今13年度は大幅な集客増が期待されるが…

オリエンタルランドは4月26日、前2012年度(12年4月~13年3月)の決算と同時に、今13年度(13年4月~14年3月)の業績見通しを発表した。

前2012年度のTDR入場者数は2750万人となり、25周年イベントで盛り上がった08年度の2722万人を4年ぶりに更新。東京ディズニーシー(TDS)の新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」の新開業(12年7月)や、両パークで季節ごとに行っているハロウィーンなど「スペシャルイベント」が集客に貢献した。この結果、オリエンタルランドの12年度業績は、売上高は08年度以来4年ぶり、営業利益は11年度に続いて、それぞれ過去最高を更新した。

これに対して、TDL開業から30周年となる今2013年度は、4月15日から来年3月20日まで340日間にわたって記念イベント「ザ・ハピネス・イヤー」がTDRの両パークを挙げて開催される。

次ページ入場者1%未満増はいくら何でも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。