お台場にカジノを作れば、日本は二等国になる

HIS澤田会長、首都へのカジノ建設に異論

さわだ・ひでお 1951年、大阪府生まれ。80年に旅行会社(現在のエイチ・アイ・エス)を創業し現在会長。ハウステンボス社長を兼務している。

多くの自治体がカジノ導入の検討を進めている。中でも最有力候補として衆目が一致しているのが、東京お台場だ。しかし、エイチ・アイ・エス(HIS)の澤田秀雄会長は、首都へのカジノ設置に真っ向から反対している。

HISは行き詰まっていた長崎県佐世保市のハウステンボスを2010年春に買収。初年度から黒字化を果たした。現在、澤田会長は九州の官民で構成する西九州統合型リゾート研究会と足並みをそろえ、ハウステンボスへのカジノ誘致に奔走。「カジノで地方活性化を」の持論をブチ上げる。

──日本でもカジノ解禁が現実的なものになりつつあります。

カジノ解禁は10年越しの議論。僕からすると政府はまったくスピードが遅い。ようやく動き出した、という感じです。

海外ではマカオやシンガポールが大成功しており、すでにほとんどの国にカジノはある。有力なカジノリゾートがお互いに競い合っている状況だ。小さなカジノであれば、スイスやカンボジアにもあるが、いずれも日本が目指すようなカジノではない。やるのであれば、世界中から観光客を引き付けるような、エンターテインメントやアミューズメントを併せ持つ大規模な統合型リゾート(IR)だ。中途半端なものでは、世界から客を集めることなどできないと思う。

ラスベガスも、一部のハイローラー(高額を賭けるギャンブラー)の客はいるものの、カジノだけでなくアミューズメントも含めた観光地として発展している。総合的なエンターテインメントとしてバランスよく運営することが重要だ。

長崎県と佐世保市は県市一体となって、ハウステンボスにカジノとエンターテインメントが一体となったIRを作ることを提案してきた。これには地元財界も賛同しており、九州全体として見ても、ほぼ一枚岩になっている。

次ページカジノとエンタメの両刀 長崎にはインフラがある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT