ユニバーサル、カジノめぐる朝日回答に反論

訴訟提起に言及し謝罪報道求める

ロイター、朝日新聞が相次ぎフィリピンでのカジノ疑惑問題を報道した、パチスロ大手のユニバーサルエンターテインメントは2月18日、「朝日新聞からの返答とこれに対する当社見解」を発表した。

その内容としては、ユニバーサルが先日(2月13日)発表したリリース「朝日新聞担当記者への要請事項について」に対する回答が朝日新聞側からあったことを明らかにするとともに、回答内容への批判が書かれている。

「要請受け入れられなければ訴訟提起」と結論

ユニバーサル側の今回の見解を要約すると、「朝日新聞は担当記者でなく、広報部名で回答してきており、組織で対応してきたこと、ユニバーサルが要求した証拠の提示は情報源の秘匿からできないという回答であったこと、また、要求もしていない別の証拠を出してきて、記事の裏づけをする形を取り、証拠の提示ということと話をすり替えてきていること」を指摘。

「朝日新聞が別に出してきた証拠と称するものも、信用性がないものである」と疑問を投げかけ、さらに「情報源の秘匿といっているが、この別の証拠には秘匿すべき書面の作成者の個人名を出すなど矛盾した回答になっている」と批判している。

ユニバーサルはさらに、「当社は、情報源を明らかにしてくれとは要求しておらず、朝日新聞が1面トップ記事で書くほどだから、その根拠となる文書が本物かどうか、朝日新聞担当記者が持っているのであれば、それを見せて欲しいと言っているだけ。当社の内部資料というなら、それがどうして情報源の秘匿ということにつながるのか。話をすり替えている」という趣旨の批判を展開。

見解では、「別の証拠」についても次のように言及している。要約すると、「これも信用性のない書面で(なぜ信用性がないのかというユニバーサル側の考える根拠を詳しく述べ)、朝日新聞がこれを記事の根拠にするのはおかしい」とし、結論として、「証拠が提示できず、別の書面も信用性のないものであり、これらを根拠としている朝日新聞の記事は誤報ないし虚偽の報道であったと判断せざるをえない」としている。

次ページ米ウィン社との関係も風雲急
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。