日本でボジョレーヌーボーが力を下げた理由

あえてワイン通を狙わない巻き返し策が始動

ワインは熟成してこそ味わいが深くなるものだが、ボジョレーヌーボーは新鮮さこそが売りだ(写真:jazzman / PIXTA)

毎年話題に上るボジョレーヌーボー

毎年11月の第3木曜日、今年は11月16日(木)にフランスワインのボジョレーヌーボー(ボージョレ・ヌーヴォー、ボジョレ・ヌーボーなどとも呼ばれる)が解禁となった。

ボジョレーとはフランス・ブルゴーニュ地方の「ボジョレー」地域を、ヌーボーとは「新酒」を意味する。ボジョレー地域で、その年に収穫されたガメイ種と呼ばれるブドウからつくられるフレッシュなワインだ。日付変更のタイミングから日本は本国フランスを差し置いて、先進国で最も早くボジョレーヌーボーが味わえる国ということで、毎年話題に上る。

ゲストの二代目尾上松也氏。「一年中、歌舞伎をしているので、ボジョレーヌーボーで秋を感じることができるのが嬉しい」(写真:筆者撮影)

今年はボジョレワイン委員会主催の特別イベントが11月16~18日の3日間、「BEAUJOLAIS MATSURI」と称して、表参道の「Commune 2nd」で開催された。またそれに先立って、オープニングセレモニーでは、ボジョレワイン実行委員会代表のジャン=マルク・ラフォン氏による記者発表があり、ゲストに歌舞伎役者の二代目尾上松也氏も登壇し、花を添えた。

ボジョレーの産地は合計2700の生産者、12のコーペラティヴ(生産者組合)、170のネゴシアン(ボジョレー、マコネ、ブルゴーニュ、その他フランスおよび国外)から成る。昨年(2016年)、市場に出荷されたボジョレーヌーボーは約2520万本。そのうち全体の43%に当たる約1080万本が110カ国に輸出される。

ボジョレーヌーボーを多く輸入している国別の上位ランキングは、1位が日本の約630万本とダントツ。2位がアメリカの約160万本、3位カナダが約42万本、4位中国・香港の約37万本、5位ドイツ約36万本と続く。日本と同じ世界時間である韓国はベスト10圏外。日本市場はボジョレーヌーボーにとって特に重要な市場だ。

次ページ日本市場はピークの半分に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?