居酒屋を超える「ファミレス飲み」の大本命

ガスト、サイゼリヤなど5チェーンを検証

“ファミレスちょい飲み”を徹底比較します(撮影:尾形文繁、風間仁一郎、今井康一)

以前、飲み放題付き1人4500円の宴会に30代の知人男性を誘ったところ、「高すぎて行けない」と断られ、愕然としたことがある。アルコール入りで5000円を切るならまあまあだろうとの感覚が、実はもはやバブル的遺構だったのかと。

では、いったいいくらなら高くないのか。ホットペッパーグルメ外食総研(リクルートライフスタイル)が発表している「外食市場調査 」の2016年度年間結果を参考に見てみた。

調査対象は首都圏、関西圏、東海圏における、夕方以降の外食および中食で、年間の外食延べ回数で最も多いのが「40代男性(14%)」で、1回当たりの外食単価は2528円となっている。その次が「30代男性(12.9%)」で、単価は2401円だ。利用先を業態別にみると、回数がいちばん多いのが「居酒屋(17%)」で、そこでの1回当たりの単価は3457円になっている。これは年代別の数字ではないが、確かに居酒屋で4500円は高かったらしい。大いに反省している。

居酒屋での飲み代といえば「鳥貴族」チェーンの値上げがニュースになったが、それでも自分が学生だった頃から考えると居酒屋の単価はずいぶん下がった印象だ。しかし、安く飲めるのは居酒屋だけではない。気軽なちょい飲みスポットとして筆者が注目しているのがファミレスだ。先の「外食市場調査」で見ると、ファミリーレストラン(回転ずし等含む)での外食回数は12.5%と、居酒屋についで高い。そして、すかいらーくチェーンを筆頭に、いまや低価格おつまみに力を入れているファミレスは少なくないのだ。

ファミレス飲みなら1500円程度でもいける!

この連載の記事一覧はこちら

「ちょい飲み」という言葉が登場してからもう数年経つ。「吉野家」が“吉呑み”を始め、「モスバーガー」や「ケンタッキーフライドチキン」等おなじみファストフードでもアルコールを提供する店舗が増えてきた。“ガッツリ飲み”で居酒屋に向かうのとは異なり、食事の軽いお供としての“ちょい飲み”なら、懐も痛みにくいというわけだ。そんな中でも“ファミレスちょい飲み”は、なかなか侮れない。実際にいくらくらいで飲めるのか、各メニューを検証してみた。

全国展開しているおなじみのファミレスの中から店舗数の多いブランドとして、「ガスト」「サイゼリヤ」「ジョイフル」「ココス」「デニーズ」で比較してみよう。

次ページ計算してみると?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT