あのケンタが「一人飲み女性」を魅了するワケ

KFCの新業態は「ちょい飲み」とは全然違う

これまでのケンタッキーとはひと味違う店舗デザインのKFC高田馬場店。イートインの売り上げが前年比2.5倍になった

最近では、時間的にもコスト的にも負担の軽い「ちょい飲み」スタイルが人気だ。牛丼の「吉野家」、天丼の「てんや」など、夜の時間帯のみアルコール類を提供するチェーンも増えている。その波が、いよいよカフェやファストフードチェーンにも到来した。

3月30日には、スターバックスコーヒーが「サードプレイスの新しい形」と銘打って、丸の内新東京ビル店をリニューアルオープン。また4月1日には、日本KFCホールディングスが、アルコール類の飲める店としてケンタッキーフライドチキン高田馬場店をグランドオープンした。両者のタイミングがそろったことで、「ちょい飲み」スタイルへの注目も高まっている。当然ながらこれらの同時期オープンはまったくの偶然だ。しかもそれぞれ、まったく別の理由から新業態にチャレンジしたようだ。

昼はスイーツ、夜はビールを提供

KFC高田馬場店では、アルコール類に合うメニューが用意される

新しくなったKFC高田馬場店では、午前10時~午後5時の昼間時間帯と、午後5時~午後10時(金土は11時)の夜間時間帯でメニューを変えて提供している。昼間はランチやカフェ利用に合わせ、チキンプレートメニューやスイーツを用意。そして夜の時間帯は、国内外のクラフトビールやオリジナルハイボールなど約40種のアルコール飲料とともに、それに合わせたバラエティ豊かなおつまみを提供する。

次ページ変わったのはメニューだけではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?