スタバ定番「季節限定フラペチーノ」の破壊力 赤肉メロンは、どのくらいヒットするか?

拡大
縮小
メロン×パンナコッタに見られるような「自由な組み合わせ」を表現した

サードウェーブ系のコーヒーチェーンとして知られるスターバックスコーヒー。言うまでもなくコーヒーが主役の会社だが、夏場の同社を支えるのはデザート感覚の「フラペチーノ(氷とともに攪拌した飲料)」だ。

中でも重要なのが、初夏の季節限定フラペチーノ。今年は4月13日から5月17日の予定で販売される、メロンが主役の「カンタロープメロン&クリームフラペチーノ」(630円)が主役だ。これはカップの底から、パンナコッタ、メロン果肉、クリームベースのフラペチーノ、ホイップクリームと、4層に積み上げられたドリンクである。

商品名にある「カンタロープ」とは、赤肉種のマスクメロンのこと。日本ではあまり馴染みがないが、欧米では一般的な品種のようだ。

「『フラペチーノ』というネーミングもそうだが、カンタロープも、聞いただけでは何なのかよく分からない。そういうミステリアスなところがあるのがスターバックスらしさ。お客様自身で味を発見し、サプライズを感じて頂きたいという思いを込めた」(スターバックスコーヒージャパン執行役員の堀江裕美さん)。

20年来スタバを支えてきた「フラペチーノ」

フラペチーノは1997年7月に「コーヒージェリーフラペチーノ」が発売されて以来、20年近く販売されてきた看板商品。スターバックス第1号店が銀座にオープンしたのが1996年の8月だから、スターバックスの日本での歴史と、ほぼ歩みを同じくしているわけだ。

フラペチーノは夏場の売り上げを牽引するヒット商品。なかでも初夏に発売される季節限定フラペチーノは、夏商戦のスタートを切る商品だけに、同社は大きな力を入れている。

これまでもプディング入り(2012年)、バナナを丸ごと1本使ったもの(2014年)、ヨーグルト、4種のフルーツゼリー、ナッツを組み合わせたもの(2015年)など、驚きを感じさせる商品設定が特徴だ。季節限定商品はトールサイズで600円前後と、価格も少し高めだが、発売日には行列ができるほどの売れ行きで、販売終了予定よりも前に完売してしまうことがほとんどだ。

今回は、どのくらいヒットするだろうか。さっそく、新商品を試食してみた。

次ページさて今夏の新商品のお味は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT