スタバも発売、「紅茶系ドリンク」は流行るのか

コーヒービーン&ティーリーフが目指すもの

コーヒー業界に紅茶ブームの波が押し寄せている(写真 : George Dolgikh / PIXTA)

コーヒー業界は変化が激しい業界だ。そこに底流でふつふつと沸きつつあるのが、「紅茶ブームの波」である。10月1日には、スターバックスコーヒーでも、ティーを使用した季節限定ドリンクが発売されている。

この紅茶ブームの先陣で旗を振るのが5月26日に東京・日本橋に第1号店をオープンした、コーヒービーン&ティーリーフだ。名前のとおり、コーヒーも紅茶も楽しめるというのが特徴。一杯一杯入れるコーヒーへのこだわりもさることながら、ブラックティーやフレーバーティーなど茶葉を各種揃えているのは、カフェチェーンとしては珍しい。

季節限定の目玉は紅茶

さらに、季節限定商品の目玉として紅茶を用いているのもユニークな点だ。同チェーンでは、「ティーラテ」、「アイスブレンディッド」と呼ばれている。カテゴリとしては、前者がホットドリンク、後者がフローズンドリンクを示す。

同チェーンを日本で運営するL.A.Style、マーケティング部長の片岡淳さんによると、「紅茶をベースにしたドリンクは、ほかのチェーンではあまり提供していません。私たちは紅茶をたくさん持っているという強みがありますから、それを活かして、ひとつの特徴として出して行きたいと思っています。またお客様に対しては、紅茶の新しい飲み方のご提案として位置づけています」とのことだ。

画像を拡大
9月16日に新登場した秋限定ドリンクの、「チョコベリーズ ティーラテ」、「チョコベリーズ アイスブレンディッド」

そして9月16日に新登場したのが、「チョコベリーズ ティーラテ」、「チョコベリーズ アイスブレンディッド」の秋限定ドリンクだ。季節限定商品としては、オープン以後2弾目となる。

試飲してみると、チョコレートと甘酸っぱいベリーが最初に感じられ、後味として紅茶の香りが立ち上がってくるような不思議な味わい。紅茶ベースだけにさっぱりと仕上がっているので、たっぷり入ったラージサイズでも、最後まで飽きずに飲めそうだ。

当然ながら、ホットとアイスでは甘さのバランスを多少変えているようだ。ホットのほうがよりミルキーさが勝っており、アイスはスッキリと感じられる。

次ページ“スイーツ度”の高いドリンクで気をつける点とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT