バーミヤンが19種類のラーメンを揃える理由

外食チェーンの異業種ラーメン戦争が過熱

マニアックなところもカバーするバーミヤンのご当地ラーメン(写真:筆者提供)

「バーミヤン」。桃をあしらったロゴが特徴的な中華レストランだ。すかいらーくグループに属するファミレスチェーンのひとつとして、全国に約330店を展開する。王将フードサービスが運営する「餃子の王将」(約710店)やイートアンドの「大阪王将」(約350店)などの中華料理系チェーンとも一部で競合している。

新メニューに6種類のご当地ラーメンが登場

そのバーミヤンがこの9月、一気に投入した新メニューが6種類のご当地ラーメンだ(一部店舗は除く)。「札幌味噌」「喜多方」「博多とんこつ」「富山ブラック」「肉盛り徳島」「【名古屋】台湾」(名古屋発祥の台湾辛味ミンチ)など、現地に行かなくても各地のメニューが楽しめる。日本全国で名高い定番からちょっとマニアックなところもカバーするメニューを取りそろえた(一部は期間限定)。

この連載の一覧はこちら

バーミヤンといえば、麻婆豆腐や青椒肉絲(チンジャオロース)、エビチリ、油淋鶏(ユーリンチー)などの中華料理の定番メニューが軸。ただ、ここ最近はラーメンの展開が目に付く。もともとグランドメニューにある「バーミヤンラーメン」が人気だったが、昨年開催したラーメンフェアの好評を受け、本格的で素材にこだわったラーメンメニューを拡充している。時期的なムラも出ずに一定に売れており、リピーターが多いのが特徴のようだ。

実は今回のご当地ラーメン6種類を加えると、バーミヤンが取りそろえるラーメンメニューは計19種類にも及ぶ。「ネギラーメン」「ワンタン麺」「五目麺」「とんこつラーメン」「担々麺」「酸辣湯麺(スーラータンメン)」――などもある。

これはたとえば、関東エリアで8種類のラーメンメニューを展開する「餃子の王将」だけでなく、それぞれ12種類のラーメンメニューをラインナップする「日高屋」(約400店、ハイデイ日高が運営)や「幸楽苑」(約540店、幸楽苑HDが運営)よりも幅広い。つまり、バーミヤンのラーメンのメニュー数は、ラーメンチェーンの2大巨頭ともいえる日高屋や幸楽苑をしのぐということだ。

次ページバーミヤンが目指すのは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT