バーミヤンが19種類のラーメンを揃える理由

外食チェーンの異業種ラーメン戦争が過熱

マニアックなところもカバーするバーミヤンのご当地ラーメン(写真:筆者提供)

「バーミヤン」。桃をあしらったロゴが特徴的な中華レストランだ。すかいらーくグループに属するファミレスチェーンのひとつとして、全国に約330店を展開する。王将フードサービスが運営する「餃子の王将」(約710店)やイートアンドの「大阪王将」(約350店)などの中華料理系チェーンとも一部で競合している。

新メニューに6種類のご当地ラーメンが登場

そのバーミヤンがこの9月、一気に投入した新メニューが6種類のご当地ラーメンだ(一部店舗は除く)。「札幌味噌」「喜多方」「博多とんこつ」「富山ブラック」「肉盛り徳島」「【名古屋】台湾」(名古屋発祥の台湾辛味ミンチ)など、現地に行かなくても各地のメニューが楽しめる。日本全国で名高い定番からちょっとマニアックなところもカバーするメニューを取りそろえた(一部は期間限定)。

この連載の一覧はこちら

バーミヤンといえば、麻婆豆腐や青椒肉絲(チンジャオロース)、エビチリ、油淋鶏(ユーリンチー)などの中華料理の定番メニューが軸。ただ、ここ最近はラーメンの展開が目に付く。もともとグランドメニューにある「バーミヤンラーメン」が人気だったが、昨年開催したラーメンフェアの好評を受け、本格的で素材にこだわったラーメンメニューを拡充している。時期的なムラも出ずに一定に売れており、リピーターが多いのが特徴のようだ。

実は今回のご当地ラーメン6種類を加えると、バーミヤンが取りそろえるラーメンメニューは計19種類にも及ぶ。「ネギラーメン」「ワンタン麺」「五目麺」「とんこつラーメン」「担々麺」「酸辣湯麺(スーラータンメン)」――などもある。

これはたとえば、関東エリアで8種類のラーメンメニューを展開する「餃子の王将」だけでなく、それぞれ12種類のラーメンメニューをラインナップする「日高屋」(約400店、ハイデイ日高が運営)や「幸楽苑」(約540店、幸楽苑HDが運営)よりも幅広い。つまり、バーミヤンのラーメンのメニュー数は、ラーメンチェーンの2大巨頭ともいえる日高屋や幸楽苑をしのぐということだ。

次ページバーミヤンが目指すのは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。