「大つけ麺博」が1杯500円に切り替えたワケ

熱狂するラーメンイベントに漂う不満と役割

「大つけ麺博 大感謝祭」では、さまざまな種類のつけ麺やラーメンが楽しめる(写真:筆者提供)

新宿駅東口を出て大久保方面に徒歩で5~10分前後。西武新宿駅からほど近い大久保公園で「大つけ麺博 大感謝祭」が、11月1日まで連日開催中だ(原則11:00~21:00、店舗入れ替え日の10月4日、11日、18日、25日は11:00~15:00)。

今年は各店1杯500円で食べられる(写真:筆者提供)

「大つけ麺博実行委員会」の主催により、今年は9月28日から始まったイベントである。開催期間を「第1陣」から「第5陣」までの5週間に分け、それぞれの期間に9店ずつ計45店が出店。その名のとおりのつけ麺はもちろん、さまざまな種類のラーメンを来場者に1杯500円で振る舞っている。

ここ数年でラーメンイベントが激増

この連載の一覧はこちら

このようなラーメンにまつわるイベントが近年、全国各地で盛んに開かれている。10年前までは数えるほどしかなかったラーメンイベントだが、ここ数年で激増した。その数は1年で80に上るともいわれている。肉やビール、カレー、B級グルメなど、さまざまな食のイベントが展開される中でも目立つ動きの1つだ。

「ラーメンデータベース」によれば、この9月、10月だけでも以下のラーメンイベントが開かれている。

東京ラーメンショー 2017
大つけ麺博 大感謝祭
ラーメン女子博 in大阪 2017
ラーメン女子博in名古屋 2017
HOKKAIDOラーメン祭り2017
第7回 麺-1グランプリ in 館林
仙台ラーメンフェスタ2017
会津ラーメンショー
つくばラーメンフェスタ2017
関西ラーメンダービー2017
とんこつラーメン誕生祭
第11回北陸ラーメン博
酒田のラーメンexpo2017
ラーメンWARS 麺下統一八千代の乱
第十回 とびっきり!静岡ラーメンフェスタ
Koboパーク宮城 秋の麺まつり
岩手ラーメンフェスタ2017 in イオンモール盛岡

 

年齢層や性別も選ばず、どんな世代にも愛されるラーメンはフードイベントにはぴったりのコンテンツといえる。

次ページ1杯500円で振る舞う理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。