「家系」ラーメンブームで見落としがちな真実

いつの間にか「ジャンル」になってしまった

1974年創業の「吉村家」のラーメン+白玉+ライス(筆者撮影)

中毒性の高い家系ラーメン

横浜家系ラーメン。横浜を中心に全国各地の繁華街に広がっていった大人気の豚骨しょうゆラーメン。屋号に「家」のつく店名が多かったことからファンの間で「家系(いえけい)」と呼ばれるようになったのがその名前の由来だ。

濃厚な豚骨しょうゆをベースとするスープ、太めの麺を用いたラーメンで、お客の好みによって味の濃さ、脂の量、麺の硬さを自由に選べるスタイルが特徴だ。それぞれの店名につく「~家」は「~や」という読み方が大半ながら、一般的に「家系(いえけい)」と称されている。

吉村家の行列(筆者撮影)

家系ラーメンは非常に中毒性が高い。ライスにもよく合い、学生やサラリーマンにも大変人気だ。私もラーメンの食べ歩きを始めて15年以上になるが、そのきっかけの1つとなったのが家系ラーメンだった。学生時代は家系図を持って各店を食べ歩いていたものだ。

そんな「家系」だが、今のブームを複雑な思いで見つめているラーメンファンが実は少なくない。もともとのルーツとはほぼ関係ない「家系」がここのところ大変目立つようになっているためだ。

次ページラーメン博物館への出店がきっかけに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。