日本人が知らない世界に広がるラーメン旋風

その契機は新横浜ラーメン博物館にあった

そのカギを握るのは新横浜ラーメン博物館だ(写真は筆者撮影)

日本のラーメン店が海外でブームを起こしている

一風堂、せたが屋、山頭火、凪、つじ田、MENSHO――。日本のラーメン店が次々世界に進出し、米国やアジア圏を中心にブームを巻き起こしている。すべてが成功しているワケではないものの、海外でも大行列を作っているお店は数知れない。

この連載の一覧はこちら

その大きなきっかけに一役買ったといえるのが「新横浜ラーメン博物館」(以降「ラー博」)だ。世界初のフードアミューズメントパークとして1994年3月に誕生したラー博だが、「全国各地のラーメンを飛行機に乗らずに食べに行ける」というだけではない役割が、当時から「食文化としてのラーメンを世界に広げる」というコンセプトだった。

ラー博は基本的に多店舗経営を行っているお店は誘致せず、あくまで“ラー博発信”にこだわった。ヘビーユーザー、ライトユーザーどちらも満足できる“新たな発見”にこだわったのである。2000年からは海外向けのPRを開始する。当初はいわゆるインバウンド対策を中心に行ってきたが、手ごたえはあまりなかったという。その頃はラーメン自体が海外でまだあまり認知されていなかった。

そもそも「ラーメンとは何か」を伝えるために何ができるかを考え、その後、各地の観光展に参加したり、メディアに露出したりして、ラーメンのすばらしさをPRするようになる。初めはアジア中心だったが欧米にも視野を広げ、PRを行っていった。

次ページ海外進出で苦労したこと
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。