日本人が知らない世界に広がるラーメン旋風

その契機は新横浜ラーメン博物館にあった

フランクフルトの人気店「無垢-muku-ツヴァイテ」のラーメン

まずは小麦粉の問題。ヨーロッパにはラーメン用の粉がない。パン用の粉ではコシが出ず、美味しい麺が作れないのだ。フランクフルトの人気店「無垢-muku-ツヴァイテ」はピザ用の小麦とパスタ用のデュラム粉を配合し、雑穀を加えた自家製麺でラーメンを作っている。

スープの素材も然りだ。豚頭は皮付きのものが主で、ゲンコツも処理がされておらず、自分で下処理を行う必要がある。スープに取り掛かるまでに大変時間が掛かり、高いハードルとなっている。カツオ節や昆布などもいい素材がなく、苦労されているとのことだった。

現地でしか生み出せないラーメンが誕生している

そんな制約の中苦労して、現地でしか生み出せないラーメンが誕生しているのだ。中野氏は語る。

「日本人がいちばん“ラーメンに対する既成概念”を持っています。ラーメンはこうでなければいけないという決まりはないんです。どんな環境でも美味しいラーメンを作ろうと頑張っているお店を日本にも紹介したいと思っています。

ヨーロッパのラーメン店は今はどこも繁盛している状態ですが、今後、米国のように競争が生まれてくると思います。名うての職人がラーメン店を始めるようになり、全体のレベルが確実に上がってきています。日本では使っていない技法が現れ、日本のラーメン店にも影響を与えてくるようになると思います」

ヨーロッパは白濁豚骨と味噌がブーム。スープは濁らせないのが基本であるヨーロッパの常識を覆した豚骨ラーメン。見た目に敏感なヨーロッパ人には、油が表面に浮かずヘルシーに見えるので人気だという(実際の油分量やカロリーについてはそれほど語られていないようだ)。味噌はヨーロッパでは高級食材で、日本の約3倍の価格だ。

ラー博では「Ikemen Hollywood」(米国)、「カーザルカ」(イタリア)、「無垢-muku-ツヴァイテ」(ドイツ)の3店舗を誘致してきた。これからも世界で頑張っているお店を探していくという。ラーメンは場所を選ばずに親しまれる世界の料理となりつつある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT