はま寿司ラーメン、「2カ月で100万食」の裏側

専門店顔負けの味はどう生み出されたのか

回転寿司チェーンのサイドメニュー「ラーメン」が人気を博している

回転寿司を食べに行こうと思ったとき、あなたは何を基準にお店を選ぶだろうか?

この連載の一覧はこちら

「家から近い」「安い」「ネタがおいしい」などさまざまだろうが、ここ数年、各社がとにかく力を入れているのが「サイドメニュー」だ。単にお寿司を食べに行くというよりは、家族連れや団体客などファミレスや居酒屋感覚で楽しむ客層も増えてきていることから、以前にも増してお寿司以外のサイドメニューが充実してきている。

サイドメニューで特によく売れているのが「椀物」。お寿司を食べているとつゆ物が欲しくなるものだ。私も回転寿司に行ったら、サイドメニューであら汁を注文することが多い。

回転寿司の椀物といえばみそ汁系が基本ではあったが、今はそれだけではない。回転寿司チェーンの提供している「ラーメン」が人気を博している。

サイドメニューの域を超えている

「スシロー」(あきんどスシロー)をはじめ、「無添くら寿司」(くらコーポレーション)、「かっぱ寿司」(カッパ・クリエイトHD)といった大手チェーンは軒並みラーメンをサイドメニューに用意している。その中で、ゼンショーHD傘下で店舗網を急拡大中の「はま寿司」のラーメンが際立っている。

はま寿司の「贅沢一杯 コク旨煮干しラーメン」

特に2015年11月に「はま寿司」で食べた「贅沢一杯 コク旨煮干しラーメン」には、正直いってラーメン通として衝撃を受けた。サイドメニューの域を超えているというか、ラーメン専門店で出してもまったく見劣ることのない味。2カ月で100万食(2015年10月29日~12月9日)の大ヒットを記録したという。いまやラーメンは「はま寿司」のサイドメニューの売り上げで1位を争うまでに成長した。

そんな「はま寿司」のラーメンだが、ここに至るまでには紆余曲折があった。

次ページまずは海鮮系のラーメンを出してみたが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT