知的障害部門で「金」狙う、東京パラ期待の星

最初は遊び感覚だった卓球で彼女は戦う

2020年の東京パラリンピックでも開催される知的障害卓球の魅力とは?(撮影:友清 哲)
美遠さゆりさんが卓球と出会ったのは、特別支援学校の高等部時代のこと。会話の理解に時間を要することから、小学生の時に知的障害の診断を受けた美遠さんですが、持ち前の運動神経によって卓球の実力が開花。昨年開催された世界大会では、リオパラリンピックの金メダリストを破るなど、障害者卓球の第一人者として期待を集めています。
一見、コミュニケーションに難はなく、見た目ではわかりにくい障害を抱える美遠さんのこれまでの半生。そして、来る東京パラリンピックにかける想いを、乙武洋匡が直撃しました――。

遊びで始めた卓球にのめり込む

乙武洋匡(以下、乙武):最近のご活躍ぶりからすると、こうしてインタビューを受ける機会も増えてきたのではないですか?

この連載の一覧はこちら

美遠さゆり(以下、美遠):そうですね、少しずつ。

乙武:うれしいですか?

美遠:うれしい、ですね。まだあまり慣れないですけど……。

乙武:美遠さんが卓球を始めたのは高校生の時。どういうきっかけだったのですか?

美遠:高校2年生の時の先生が卓球すごく上手で、休み時間に遊びみたいな感じでやり始めたんです。

乙武:卓球を始める前にも何かスポーツはやっていたんですか?

美遠:小学生のときは陸上やバレーボールをやっていました。

乙武:なるほど、もともとスポーツはお好きだったんですね。最初は遊び感覚からのスタートだったという卓球ですが、今や世界レベルで戦うようになりました。そのなかで取り組み方に何か変化はありますか。

美遠:最初のうちは試合に勝てなくて悔しい思いをしていたんですけど、いまはすごく楽しくて、卓球でいろんな国に行って、いろんな人と出会えることがうれしいです。

次ページ先日の世界選手権の開催国は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。