注意!ハラスメント当事者になる人の問題点

新人・若手がパワハラ加害者になることも

若手社員がパワハラの加害者になる可能性もあります。ハラスメントの意味をしっかり理解しておいた方がいいでしょう (写真:PIXTOKYO / PIXTA)

「セクハラ課長に肩をポンポン叩かれる。もう、会社に行きたくない」

「A部長ってすぐ怒鳴る。あれってパワハラだよね」――。

この連載の一覧はコチラ

「セクハラ」「パワハラ」は、すっかり市民権を得た言葉になり、若手社員でも、こんな会話が普通に交わされるようになった。

2017年には、職場での妊婦等に対する嫌がらせ、いわゆるマタニティハラスメントの防止措置が法制化され、「マタハラ」という言葉が浸透してきている。

最近は悪質なクレーマーなど、顧客やクライアントによる「カスタマーハラスメント」が新たなハラスメントとして注目されている。

「会社はハラスメントだらけで、嫌になる」といったボヤキが聞こえてきそうだが、実は、ハラスメントを犯すのは上司や先輩とは限らない。部下が上司にパワハラするという逆パワハラのケースもある。

では、どんな時に若手がハラスメントの加害者になるのだろうか。今回は、自分がハラスメントの加害者にならないためのハラスメントの基礎をまとめた。

カスタマーハラスメントなど新たなハラスメントも

まずは、ハラスメントに関する法律をみてみよう。一口にハラスメントと言っても、企業が対策を講じることが法律で義務付けられているものと、そうでないものがある。

セクハラについては1999年に『男女雇用機会均等法第11条』で、マタハラは2017年から『男女雇用機会均等法第11条の2』と『育児・介護休業法第25条』で、雇用主に対して防止措置が義務付けられた。

次ページパワハラ防止の法制化を検討中
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。