注意!ハラスメント当事者になる人の問題点

新人・若手がパワハラ加害者になることも

逆パワハラはどうだろうか。厚労省が行った職場のパワーハラスメントに関する実態調査(2016年度)によると、過去3年間に「正社員の同僚同士のパワハラ」で相談があった企業は15.5%で、「部下から上司へ」が5.2%、「後輩から先輩へ」も2.0%にのぼるという結果になっている。正社員が正社員以外に対して行ったパワハラ相談も、19.1%に及ぶ。

新人でも、若手でも、パワハラをする可能性は十分にあるわけだ。それでは、若手はどんなパワハラをしがちなのだろうか。

まず、パワハラとは何かを整理しておこう。現状では法的な定義はないが、先述の「職場いじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」では、「同じ職場で働く者に対して、『職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性』を背景に、『業務の適正な範囲を超えて』、『精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる』行為」という3つの構成要素を満たす概念に整理された。この3要素を満たす典型的な行動類型として、「身体的な攻撃」「精神的な攻撃)」「人間関係からの切り離し」「過大な要求」「過少な要求」「個の侵害」の6つが示された。

注意すべきは「職場内での優位性」だ。これは地位だけを意味しているわけではない。職務の経験年数、専門知識、人間関係など、さまざまな優位性が含まれている。たとえば、英語が上手、パソコンが得意、あるいは業務に関する知識や経験といったことも優位性だ。

「優位性」は、上下関係だけではない

回数にもよるが英語が苦手な上司に翻訳や通訳を頼まれる都度、あるいはパソコンの使い方を聞かれる都度、舌打ちしたり、面倒くさそうな態度をとればパワハラにあたる可能性がある。

親会社からやってきた社長を、子会社の人間がみんなで無視したり、情報を渡さなかったりして満足に仕事ができない状態に追い込む、あるいは気に入らない上司をみんなで無視したり、頼まれた仕事を後回しにしたり、飲み会などに1人だけ誘わないといったことをすれば「人間関係からの切り離し」にあたる。もちろん、上司に対して「ハゲ」とか「太ってる」とか身体的な悪口を言うのはアウトだ。

一方、非正規の社員などに対して正社員は、新入社員といえども立場が強い傾向にある。無意識のうちに横暴な態度をとっていないかどうか、セルフチェックしておこう。

ダイバーシティが進展するとともに、さまざまな個性をもった人たちが一緒に働くことになる。慣れないうちは、価値観がぶつかりあいハラスメントがおこりやすい。これからも、さまざまなハラスメントが生まれ、その都度、対策が打たれることだろう。

いうまでもなく、ハラスメントの最良の防止策は、コミュニケーションを通じてお互いを理解し合い、ハラスメントが起きにくい職場環境を形成すること。相手はどんな言動が不快に思うのか、それを理解・想像できればハラスメントは防げる。柔軟な発想ができる若いうちに、多様な人とつきあい、コミュニケーション能力を磨いておいてほしい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT