若手男子のための「ウォームビズ」着こなし術

暖房に頼らない冬のスーツスタイルはこれだ

これから寒くなっていく時期、暖かい装い「ウォームビズ」スタイルのベストチョイスとは (写真:elise / PIXTA)

11月に入ってからも、いまだ最高気温20度超えの日が多い今シーズン。夏から秋、さらに冬への「継投策」が、うまくいってない気がしてならない。

この連載の一覧はコチラ

しかし、気温が大幅に下がる日が徐々に増えてきており、その温度差から、逆に必要以上に寒さを感じやすくなってきている。オフィスの装いもしっかりと防寒対策モードに変えていきたいところだ。

そんな中、冬のシーズンには、クールビズならぬ、「ウォームビズ」という取り組みが注目されている。地球温暖化対策として、暖房時の室温を20度以下でも快適に過ごせるよう、暖かい装いで過ごそうというもの。

不自然に暑い秋が続いてきたが、本格的に冷え込む時期になる前に積極的にウォームビズスタイルの準備に励みたい。

そこで今回は、若手社員がウォームビズを実践する際に「このあたりをそろえておけば間違いない」というスタイルを、松屋銀座の紳士部・MD課バイヤー・粟竹将氏への取材とあわせて探ってみた。ウォームビズスタイルにおける“勝利の方程式”を、ぜひつかんでいただきたい。

室温20度以下でも快適に過ごせる装いを

先発 「スーツ&ジャケパンは、“紡毛”を選ぶと暖かさ倍増」

オフィススタイルのカジュアル化が進んだとはいえ、やはりスーツ、あるいはジャケパン(ジャケット+パンツ)姿で仕事をしているビジネスパーソンが多数派だと思う。となると、まずウォームビズのために用意したい先発要員が、「紡毛(ぼうもう)」素材のスーツやジャケパンだろう。

次ページ紡毛とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT