スーツなら無難と考える人が知らない新常識

カジュアルなビジネスファッションの最前線

ノーネクタイというだけでなくポロシャツを着るビジネスマンも増えています(写真:筆者提供)

昨年までならありえなかった「足首が見えるビジネスファッション」。伊藤忠商事がこの夏、「金曜日は『脱スーツ・デー』」として、デニムや「足首が見えるくるぶし丈」など、これまでのビジネスシーンではなかなか難しかった服装を認めて、ニュースになったことが記憶にある人もいるでしょう。

そごう・西武も環境省と連携し、足元を涼しく見せるクールビズのくるぶし丈「-5cmへの挑戦」の提案をスタート。ユニクロを運営するファーストリテイリングも、ジーンズを生かしたオフィスカジュアルのコーディネート事例を提案しています。

こうした着こなしが許容される業界は、IT・クリエイティブ系など現時点では一部企業かもしれませんが、一連の動きはビジネスファッションがカジュアル化していることを象徴しています。

存在感増すスーパークールビズのガイドラインとは?

2011年から始まった「スーパークールビズ」。ノーネクタイ・ノージャケットに加え、6~9月はポロシャツ・チノパンも許容するという環境省が打ち出した施策です。その浸透具合は職場によって異なりますが、近年ビジネスポロシャツ、通称「ビジポロ」を扱うショップが大きく増え、その勢いは百貨店・ツープライススーツ量販店にとどまらず、ファストファッションまで確実に広がってきています。

ビジポロとは、ポロシャツ特有の通気性のよい「鹿の子生地」を使ったビジネスシャツ。ボタンダウンの襟型、もしくは、「カラーキーパー」と呼ばれるプラスチックの芯が襟裏に内蔵されることで、ポロシャツであっても襟先のよれを防ぐ工夫がなされています。また、シャツ同様、ボディ下部までボタンがあるフルオープン型も多く、ポロシャツであってもシャツをパンツの中に入れる「シャツイン」の着こなしにも違和感がありません。つまり、ビジポロは設定温度28度に耐えうるビジネスシャツといえます。

次ページ新たなカテゴリーのアイテムも登場
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT