「ジャケパン」がダサい男が知らない基本3型

単に生地と色の違う組み合わせではない

スーツの次に堅いジャケパンをうまく着こなしましょう(写真:gladkov / PIXTA)

近年、ビジネスパーソンの間で「ジャケパン」という言葉を耳にする機会が増えました。上下の生地や色がそろったスーツではなく、違う生地や色のジャケットとパンツ(スラックス)を組み合わせるビジネスファッションです。

夏場のクールビズ以外にも、自由な服装での出勤を認める「カジュアルデー」を設けている企業も増えてきており、「脱スーツ」の動きはますます広がりを見せています。最近では、お堅い金融機関であっても、一部の職場ではチノパンが許容されるそうです。

スーツ以外で定番になった「ジャケパン」

そんなスーツ以外のビジネスファッションとして、定番の1つになってきたジャケパン。実はそこには3種類の基本スタイルが存在すると私は考えています。ジャケットに合わせるスラックス・シャツの種類によって、その印象の堅さが大きく変わるのです。特に、ジャケパンは、そのコーディネートが生まれた地域性を色濃く反映しています。

意外と知られていないジャケパンの基本スタイル。順を追って解説していきましょう。

(1)限りなくスーツに近い英国的ジャケパン

スーツにいちばん近いジャケパンのルーツは、スーツ発祥の英国です。上下生地が異なるスーツに似た雰囲気を醸し出すこのコーディネートは、英国貴族が狩猟をするための着こなしです。

ウールジャケットにウールスラックスを合わせたコーディネートですが、色が異なるスーツを、ただ合わせているわけではありません!

スーツ・ジャケパンのジャケットは、一見同じに見えますが、質感はもとより、ポケットの形が異なります。パッチポケットと呼ばれるフタがないジャケパンのポケットは、スーツよりカジュアルな印象です。

一方、切りポケットと呼ばれるスーツ仕様のポケットでは、上下異なるスーツをただ合わせたチグハグな印象に見えるかもしれません。

次ページチノパンを合わせたコーディネートは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。