「スーツ+スニーカー」絶妙な合わせ方の基本

色や素材、明るさを意識してみよう

組み合わせ方を間違えると微妙な感じになってしまいます(写真:筆者提供)

今年から本格的にスタートした「FUN+WALK PROJECT」。スポーツ庁の官民連携プロジェクトとして、スニーカー通勤など歩くことを推奨している取り組みで、すでに三菱地所や東急電鉄など大手企業が参加しています。

ポジティブに受け止める人も少なくない一方で、スーツにスニーカーという組み合わせに違和感を覚えるビジネスマンもいるでしょう。

延べ4000人を超えるビジネスマンのファッションの買い物に同行してきた経験やノウハウから、「スーツに合わせるスニーカーの最適解」についてお伝えします。

その流れは世界規模か!?変わるドレスコードの常識

アメリカの大手銀行JPモルガン・チェースが、ジーンズ・スニーカーもOKという服装規定を導入した昨年6月。同じ頃、伊藤忠商事は「金曜日は『脱スーツ・デー』」と打ち出しました。ハイアット ホテルズ アンド リゾーツのアンダーズ東京やマニュライフ生命も、ジーンズをオフィスカジュアルとして許容しているそうです。

また、昨年ユニクロがビジネスパーソンを対象に実施したアンケート調査では、約8割がジーンズ着用に理解を示しているという結果が出たそうです。ビジネスファッションにおけるこれまでの既成概念が徐々に変わりつつあるのではないでしょうか? ただし、その本質はカジュアルな装いというわけではなく、顧客に合わせた装いだと私は見ています。

次ページビジネスファッションとしてのスニーカー選び
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。