「スーツ+スニーカー」絶妙な合わせ方の基本

色や素材、明るさを意識してみよう

組み合わせ方を間違えると微妙な感じになってしまいます(写真:筆者提供)

今年から本格的にスタートした「FUN+WALK PROJECT」。スポーツ庁の官民連携プロジェクトとして、スニーカー通勤など歩くことを推奨している取り組みで、すでに三菱地所や東急電鉄など大手企業が参加しています。

ポジティブに受け止める人も少なくない一方で、スーツにスニーカーという組み合わせに違和感を覚えるビジネスマンもいるでしょう。

延べ4000人を超えるビジネスマンのファッションの買い物に同行してきた経験やノウハウから、「スーツに合わせるスニーカーの最適解」についてお伝えします。

その流れは世界規模か!?変わるドレスコードの常識

アメリカの大手銀行JPモルガン・チェースが、ジーンズ・スニーカーもOKという服装規定を導入した昨年6月。同じ頃、伊藤忠商事は「金曜日は『脱スーツ・デー』」と打ち出しました。ハイアット ホテルズ アンド リゾーツのアンダーズ東京やマニュライフ生命も、ジーンズをオフィスカジュアルとして許容しているそうです。

また、昨年ユニクロがビジネスパーソンを対象に実施したアンケート調査では、約8割がジーンズ着用に理解を示しているという結果が出たそうです。ビジネスファッションにおけるこれまでの既成概念が徐々に変わりつつあるのではないでしょうか? ただし、その本質はカジュアルな装いというわけではなく、顧客に合わせた装いだと私は見ています。

次ページビジネスファッションとしてのスニーカー選び
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT