「スーツ+スニーカー」絶妙な合わせ方の基本

色や素材、明るさを意識してみよう

とはいえ、スーツはビジネスファッションの基本。だからこそ、いつものダークスーツにスニーカーという変則的な着こなしでは、足元に違和感が残ります。なぜならジャンルが異なるアイテムを合わせるとき、「着合わせ」が求められるからです。

着合わせとは、食べ合わせのように、アイテム同士の相性を示す概念。ダークスーツになじむのは黒・茶の革靴であって、重厚なダークスーツに軽快な印象のスニーカーでは全体が締まりません。では、スーツにスニーカーを合わせる場合、どんな工夫が必要なのでしょうか。

まずはスーツの色、もしくは、素材を変えることです。それによって、スニーカーの違和感がなくなります。ダークスーツではなくライトカラースーツ、たとえば、普段より明るい色のライトグレースーツならば重厚感が緩和されるので、スニーカーに合わせやすいのです。

お薦めは白スニーカー。ハードルが高いように感じるでしょうが、実は「明度(明るさ)を近づける」という色合わせの1つです。色になじみをもたせることで、「スーツとスニーカー」、ジャンルが異なるアイテム同士に調和が生まれます。

スラックスで9割決まる!?

同時に、スラックスの丈感も重要です。スニーカーは革靴に比べボリュームがあるので、スラックスの最適丈が変わります。スポーティで軽快な印象をもつスニーカーは、スラックスが被さることで、印象が重くなってしまいます。

立っているとき、スラックスの生地がスニーカーに気持ち触れる程度が理想です。そして、生地がスニーカーに被さることだけは避けましょう。もし、短めのスラックスに違和感があるならば、パンツの素材を変えるという方法もあります。

昨今、スポーツウエアで使われるナイロン・ポリエステルを用いた化学繊維のセットアップスーツが増えてきました。従来のコットンスーツを進化させた伸縮・通気性など機能性を付加した衣類です。

セットアップと呼ばれるこれらの機能性スーツは、スポーティな印象があるのでスニーカーに合います。ダークカラーであっても、ウールとは質感が異なるので印象が軽いからです。

同様の発想から、スニーカーにチノパン・ジーンズも合わせられます。どちらも普段からスニーカーで合わせているパンツです。ただし、カジュアルではなくオフィスカジュアルとして通用するようドレスアップすることが求められます。

次ページそのジャケパンは、ミラノ式?シリコンバレー式?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。