ウォームビズ、今さら聞けない基本中の基本

真冬にスーツを着ないのが合理的なワケ

ジャケパンはウォームビズの基本形です(写真:筆者提供)

夏のクールビズに対して冬のウォームビズ。ノージャケットというビジュアルから視覚的に伝わりやすいクールビズに対し、パッと見、伝わりづらいウォームビズでしたが、近年はそのスタイルも広がってきているように見えます。

私は「プロの目線でユニクロもカッコよく!」をモットーとして、これまで延べ4000人を超えるビジネスマンの買い物に同行しトータルコーディネートしてきました。そんな私が考える「ウォームビズの最適解」をお伝えします。

スーツとジャケパン、どちらが暖かく見えるか?

上下の生地が異なるスーツ、通称「ジャケパン」と呼ばれるビジネスファッションはウォームビズの基本形です。ウールで織られたジャケットスタイルという意味ではどちらも変わりませんが、使われている糸の種類が異なることをご存じでしょうか?

ツルッとした光沢感を特徴とするスーツジャケットでは「梳毛糸(そもうし)」と呼ばれる毛足の長い糸を使っています。一方、上下生地が異なるウォームビズのジャケパンでは「紡毛糸(ぼうもうし)」という毛足の短い糸が使われています。

同じウール糸であってもその特徴が異なるからこそ、ジャケパンの場合、生地が毛羽立って見えます。この生地感はフランネルと呼ばれ、暖かみある視覚効果を生みだします。この効果を活かしたジャケット・スラックス・スーツも存在します。

フランネルスーツと呼ばれるビジネススーツは、上下毛羽立ちのウールが印象的です。つまり、スーツ・ジャケパンにかかわらず、冬はフランネル生地を使ったビジネスファッションが視覚的に暖かみを演出しやすいということ。

とはいえ、スーツとジャケパン、両者における「アイテムの相性」では決定的に異なる事情があります。それはインナーに合わせる「ニットセーター」にありました。上下同一生地のジャケットスタイルだからこそ、スーツの場合、異なる生地のニットセーターが合わせづらいのです。

次ページベストが合うスーツ!ニットが合うジャケパン!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。