ウォームビズ、今さら聞けない基本中の基本

真冬にスーツを着ないのが合理的なワケ

「絶対NG!」というわけではありませんが、スーツのエレガントさを損なうリスクが生じます。もちろん、紡毛糸で織られたフランネルスーツの場合、この限りではありませんが、スーツ全般、共地のスリーピースベストが似合います。

一方、上下生地が異なるジャケパンでは、ジャケットとシャツの間にニットセーターを合わせることが可能です。ウール・カシミアなどのニットセーターを1枚くわえることで、オフィス内の暖房の設定温度を制限していたとしても防寒効果が望めます。もちろん、スーツ・ジャケパンに限らず、ヒートテックのような保温性の高い機能性下着があることを想定したうえでの話です。

ジャケパンに合わせるニットセーターは、ネイビー・グレー・キャメルといったベーシックカラーのものからブルー・パープル・ピンクといったカラフルなものまで、その選択肢はさまざまです。そして、このニットセーターこそ、「ウォームビズの最適解」だと私は見ています。

ウォームビズの最適解とは!?

上下生地が同一であるビジネススーツに対し、上下生地が異なるジャケパンでは最適解が異なります。エレガントを売りにするビジネススーツでは、上下生地を同一にし、異なる生地の質感・色数を最小限に絞っているのです。この絞り込まれた厳粛さにエレガンスが宿るのではないでしょうか?

一方、アクティブで軽快さを売りにするジャケパンでは、上下の異なる生地に加え、ニットセーターなど生地・色数を増やすことでその彩りが豊かに見えます。アイテムを絞り過ぎた秋冬のジャケパンは逆に貧相に見えるリスクがあるからこそ、ニットセーターは冬のジャケパンに相応しいのです。

「ニットセーターを着たジャケパンに、ネクタイは合わないのではありませんか?」という質問をよく受けます。確かにツルッとした質感のスーツに合わせるシルクネクタイは合わせづらいかもしれません。なぜなら、ネクタイのエレガンスがアクティブな印象のジャケパンにマッチしないからです。

ウールネクタイ(写真:筆者提供)

そこで、私は「ウールネクタイ」提案しています。毛羽立ちがあって質感あるネクタイはジャケパンやニットセーターによく合います。ニットをカラフルに合わせるならば、ネクタイは引き締めるネイビー・グレーを選びます。また、上級者の着こなしとして、ニットセーターにトーンを変えた同系色のネクタイを合わせるというパターンもあります。

次ページ究極のウォームビズ!インナーダウン
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。