「ジャケパン」がダサい男が知らない基本3型

単に生地と色の違う組み合わせではない

(2)チノパン活用のアクティブなイタリア的ジャケパンとは?

質感あるウールジャケットにチノパンを合わせたコーディネートは、イタリア的な雰囲気のジャケパンです。「綿素材のスラックス」と呼ばれるジャケパンのポケットはスラックス同様、縦の切り込みが基本です。一方、同じ綿パンであっても、ジーンズのポケットデザインは横の切り込みです。ここに大きな違いがあります。同じ綿パンであっても、それぞれのルーツが異なるので、印象は変わるのです。

チノパンのジャケパンをするときは、スエードタイプの靴を合わせます。スーツに合わせる革靴では、チノパンの風合いは合わせづらいからです。

ホリエモンが認知のきっかけに?

(3)いちばんカジュアルな東京ジャケパン

襟シャツではなくTシャツ・カットソーを合わせたコーディネートは、東京的なジャケパンと言えます。いちばんカジュアルに崩したこのジャケパンは、もはや、ビジネスというより週末服と変わらぬ印象ですが、IT・クリエーティブ系の業界に多いベンチャー企業スタイルです。

このスタイルが出始めたのは2000年代といわれており、当初は波紋を呼びましたが、現在、IT系の業界ではスタンダードになりつつあります。

新時代のビジネスファッションに求められることは、ただスーツを脱ぐことではありません。TPOに応じ、スーツ・ジャケパンを使い分けることが求められます。ビジネスシーンでいちばん堅い装いが、スーツであることは一目瞭然です。

これまでスーツは堅い服であると同時に、「ビジネスシーンの平服」も兼ねていました。ところが、クールビズ、ウォームビズ、カジュアル・フライデーなど、季節や状況による平服の多様化によって、スーツを着ることが必ずしも正解とは言えない時代になったのです。

もちろん、スーツしか通用しない職種・職場もあります。状況に応じて着分ける「ジャケパンの種類」を知っておくことは、TPOを間違えないためにも重要です。

そもそも、上下同一ダークカラーの生地であつらえたビジネススーツは、ネクタイがあるからこそエレガントな印象に見えます。つまり、クールビズの代表格とされていたノーネクタイのスーツ姿は、「軽装」というより「略装」なのです。意味としては同一に扱われる2つの言葉ですが、スーツを簡略化した略装は「手抜き」という意味合いに映るのではないでしょうか?

だからこそ、スーツの次に堅いジャケパンを使い分ける必要性が生まれ、この使い分けこそ「服もビジネススキル」という所以(ゆえん)なのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT