「嫌いな上司」とうまく付き合うための処方箋

勝負型、注目型…タイプ見極め苦手意識克服

「直属の上司と相性が合わない」場合に接する方法とは(撮影:トモヤ/PIXTA)

「初めて配属された部署の上司がイヤな感じ。もう辞めたいよ」――。

読者の中には、上司に対してネガティブな感情を抱いている若手社員がいるかもしれない。しかし“ツイていない”と嘆くのはまだ早い。上司がイヤな人だと感じるのは、単に「ソーシャルスタイル」の違いだけかもしれないからだ。

本連載の一覧はこちら

「それを知ると、苦手意識がスッキリ消えるかもしれませんよ」。

そう話すのは、『面倒な“やりとり”がシンプルになる仕事のコツ48』『この世から苦手な人がいなくなる』などの著書を持つ、らしさラボ代表の伊庭正康氏だ。

ソーシャルスタイルとは、アメリカの産業心理学者であるディビット・メリル氏が提唱した、人間のコミュニケーションのスタイルのこと。

「感情」と「自己主張」の大小を軸に、次の4つのタイプに分けられるという。

ソーシャルスタイルで見ると、人間は4タイプ

下記のように分けられるので、自分がどのタイプに当てはまるかどうか考えてみてほしい。

1. 勝負重視型(ドライバー)
あまり感情を表に出さないが、自己主張が強いタイプ。「勝つこと」を重要視し、合理的に目的を達成することに重きを置く。せっかちな人が多い。
2.注目重視型(エクスプレッシブ)
感情表現が豊かで、かつ自己主張も強いタイプ。勝つことも重要だが、それよりも「注目されたい」という気持ちが強い。話すときも、ボディランゲージやエピソード・比喩を用いて、感情をこめて話す人が多い。
3.気持ち重視型(エミアブル)
感情が前面に出るが、自己主張はしないタイプ。勝負重視型と正反対で、勝ち負けよりも、周囲の人たちの気持ちを重視する人が多い。
4.理論重視型(アナリティカル)
あまり感情を表に出さず、自己主張もしないタイプ。勝ち負けよりも「正しさ」を重視。物事を分析的にとらえ、データや理論、前例などの理屈に重きを置く人が多い。
次ページ自分と異なるタイプには違和感
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。