人望のない人はほめ方の基本がわかってない

たった「ひとこと」で印象はガラリと変わる

一流と二流の差はちょっとしたことです(写真:mediaphotos)
3月も後半に差し掛かり、多くの会社が年度の節目を迎えるこの時期、人事異動や組織改編といった、新たな環境でのスタートを目前に控えている人も多いと思います。
環境が新しく変わるということは、仕事の内容や進め方が変わるということ。ただ、それ以上に確実に訪れる大きな変化が、「人間関係」です。新しい上司、新しい部下、新しい同僚、新しい取引先……どんな仕事も「人対人」の付き合いなくして成り立たない以上、新たな環境で新たな人間関係を築いていくことは避けては通れない道です。
『全米No.1バンカーが教える最強の気くばり』の著者、酒井レオ氏が「どんな相手にも気持ちよく過ごしてもらえる接し方」の重要性を説きます。

相手を気持ちよくさせられる人ほどチャンスに恵まれる

一流の人たちのそばにいると、概して言えるのは、雰囲気が穏やかで、周りにいる人たちがとても気持ちよく過ごせることです。「金持ち、けんかせず」とよくいわれますが、一流になればなるほど、人を不愉快にさせる場面が少ないように感じます。

それは、彼らが見えないところでさりげない「気くばり」をしているからにほかならないでしょう。気持ちよく過ごせる場所には、人も情報も自然と集まってきます。チャンスに恵まれるというわけです。

これが二流、三流の人になると、あからさまに自慢したり、強がってみせたりして、人を不愉快な気持ちにさせます。自分より立場が下の人をどなりつけたり、ちょっとしたことでトラブルを起こしたりするのも同様です。

要するに、相手に対する配慮が行き届かず、周りが不快に思っていても気がつかない。一流の人と、二流以下の人のいちばん大きな違いはそこあります。

次ページ「一流のほめ方」と「二流のほめ方」の決定的な差
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。