また会いたくなる人は「4:6」で話している

人としての「教養」が試されている

話し方、伝え方の極意とは?(写真 :Ushico / PIXTA)
何度でも会いたくなる人と、そうではない人。また、話がすっと通る人と、あまり聞いてもらえずスルーされる人。いったい何がそれらを分けているのでしょうか。
5000回を超える講演などを中心に活躍し、『心を動かす話し方』の著者でもある堀紘一氏に、話し方、伝え方の極意について聞いてみました。

「何を伝えたいか」が大事

私はボストンコンサルティンググループ(BCG)の時代から、多いときは年間200回以上、トータルでおそらく5000回以上の講演をしてきた。その経験上、テクニック(技術)だけで伝えようとすると、本質を見失ってしまう。テクニックは「あれば、なおヨシ」というくらいのもの。肝心なのは、第一に「話の中身」なのだ。つまり、伝え方の本質は「話し方や伝え方のテクニック」ではなく「何を伝えるか」にある。

こう言ってしまえば当たり前のことに聞こえるかもしれないが、実際のところ多くの人がこの点を蔑ろにしている。踏まえておいてほしいのは、「うまく話そう」と思わないことだ。

言葉巧みに一方的に話して、こちらの言い分を説得できるほど相手は甘くない。商談などではかなりの確率でこちらより相手のほうが賢く、上手であることが多い。

次ページ話の中身を精査するには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。