また会いたくなる人は「4:6」で話している

人としての「教養」が試されている

話し方、伝え方の極意とは?(写真 :Ushico / PIXTA)
何度でも会いたくなる人と、そうではない人。また、話がすっと通る人と、あまり聞いてもらえずスルーされる人。いったい何がそれらを分けているのでしょうか。
5000回を超える講演などを中心に活躍し、『心を動かす話し方』の著者でもある堀紘一氏に、話し方、伝え方の極意について聞いてみました。

「何を伝えたいか」が大事

私はボストンコンサルティンググループ(BCG)の時代から、多いときは年間200回以上、トータルでおそらく5000回以上の講演をしてきた。その経験上、テクニック(技術)だけで伝えようとすると、本質を見失ってしまう。テクニックは「あれば、なおヨシ」というくらいのもの。肝心なのは、第一に「話の中身」なのだ。つまり、伝え方の本質は「話し方や伝え方のテクニック」ではなく「何を伝えるか」にある。

こう言ってしまえば当たり前のことに聞こえるかもしれないが、実際のところ多くの人がこの点を蔑ろにしている。踏まえておいてほしいのは、「うまく話そう」と思わないことだ。

言葉巧みに一方的に話して、こちらの言い分を説得できるほど相手は甘くない。商談などではかなりの確率でこちらより相手のほうが賢く、上手であることが多い。

次ページ話の中身を精査するには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。