元トヨタマンが証言する「人づくりの極意」

トヨタが「デキの悪い部下」を見捨てないワケ

部下の言うことに耳を傾けていますか?(写真:kavee sridan / PIXTA)
トヨタは、唯一最強のリーダーを育成するのではなく、優秀なリーダーを多数輩出することを重視しています。そのためにはスキル・人間性ともに高い能力を持つ、いわゆる「デキのよい部下」をさらに伸ばすことに加えて、スキル・人間性ともに能力の低い、いわゆる「デキの悪い部下」を底上げすることも必要になります。
そうした時、トヨタの上司はどのように考え、行動してきたのでしょうか。『最強のチームをつくる トヨタの上司』の中から、トヨタ式「デキの悪い部下」の育て方を見ていきます。

部下に仕事の「おいしさ」を伝える

仕事を始める際に大切なのは、部下に「仕事のおいしさ」を伝えることです。「デキの良い部下」の場合には、仕事の目的や効果を自分自身でイメージすることができますが、「デキの悪い部下」には上司から丁寧に伝える必要があります。そうすることで、仕事に対するモチベーションは大きく違ってきます。

元トヨタマンの堤喜代志が工長に昇格したとき、当時の上司だった田中課長(仮)からこんなことを聞かれたといいます。

「君は人に指示したり、仕事したりしてもらうとき、どのようにリーダーシップを発揮してる?」

堤は迷いなくこう答えました。牽引車のようにみんなを集めて引っ張り、目標を達成すること。そして達成した暁には、一緒になって喜ぶことだ、と。その自信満々の堤に対して、「それも大事。でも、それだけじゃない」と、こう言ったといいます。

次ページ「仕事のおいしさ」を伝えるということ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。