元トヨタマンが証言する「人づくりの極意」

トヨタが「デキの悪い部下」を見捨てないワケ

部下の言うことに耳を傾けていますか?(写真:kavee sridan / PIXTA)
トヨタは、唯一最強のリーダーを育成するのではなく、優秀なリーダーを多数輩出することを重視しています。そのためにはスキル・人間性ともに高い能力を持つ、いわゆる「デキのよい部下」をさらに伸ばすことに加えて、スキル・人間性ともに能力の低い、いわゆる「デキの悪い部下」を底上げすることも必要になります。
そうした時、トヨタの上司はどのように考え、行動してきたのでしょうか。『最強のチームをつくる トヨタの上司』の中から、トヨタ式「デキの悪い部下」の育て方を見ていきます。

部下に仕事の「おいしさ」を伝える

仕事を始める際に大切なのは、部下に「仕事のおいしさ」を伝えることです。「デキの良い部下」の場合には、仕事の目的や効果を自分自身でイメージすることができますが、「デキの悪い部下」には上司から丁寧に伝える必要があります。そうすることで、仕事に対するモチベーションは大きく違ってきます。

元トヨタマンの堤喜代志が工長に昇格したとき、当時の上司だった田中課長(仮)からこんなことを聞かれたといいます。

「君は人に指示したり、仕事したりしてもらうとき、どのようにリーダーシップを発揮してる?」

堤は迷いなくこう答えました。牽引車のようにみんなを集めて引っ張り、目標を達成すること。そして達成した暁には、一緒になって喜ぶことだ、と。その自信満々の堤に対して、「それも大事。でも、それだけじゃない」と、こう言ったといいます。

次ページ「仕事のおいしさ」を伝えるということ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。