初対面の人でも一瞬で打ち解ける3ステップ

相手の目を見て挨拶し、名前を呼んでみよう

オープンに接するメリットは大きいです(写真:East & West / PIXTA)
ワークライフバランス、AI(人工知能)による職業淘汰、働き方改革……これからの「仕事の在り方」や「人生の組み立て方」をめぐり、めまぐるしく議論が交わされる昨今ですが、そうした制度や環境といった文脈とは別のところで、私たちの日々のパフォーマンスの質や満足度に大きく影響する、決して見逃せない要素があります。
それは、「人」――誰と出会い、誰と働き、誰とともに時間を過ごすのか、ということ。そうした機会を煩わしいものとしてネガティブに捉えるか、追い風としてポジティブに捉え、チャンスに変えていくかによって、その後の展開はまったく別のものになります。
日本人の両親のもとニューヨークで生まれ育ち、2つの異なるバックグラウンド、極度に人見知りする性格といった葛藤を乗り越えて、世界トップクラスのメガバンク、バンク・オブ・アメリカで史上最年少「営業成績全米ナンバーワン」という実績を収めた酒井レオ氏は、著書『全米No.1バンカーが教える最強の気くばり』の中で「どんな相手とでも分け隔てなくオープンに接し、つながりを広げていく」ことの重要性を説きます。

「人」と出会うところにチャンスは訪れる

人間関係というのは、オープンにふるまっているほうがより大きなチャンスが得られます。

大富豪の中には、限られた一部の人以外とはつきあわない、という偏屈な人もいますが、それはすでに大金を得ているなどして、新しい関係をそれほど必要としない場合に限られます。でも、まだ大富豪にもなっていない私たちは、新しい出会いを上手に見つけていくことが重要です。

とはいっても、私を含め、人づきあいが苦手な人間からすると、「新しい出会いを見つける」ほど、面倒で恐ろしくて困難なことはありません。

そこで、シャイな人はシャイな人なりに、オープンな人間関係を築けるようになるためのコツを、いくつも考えては試行錯誤してきました。

その中で、私がふだんから特によく活用している便利な方法が3つあります。

次ページどんな相手とでも距離を縮められる「3つのステップ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT