職場を蝕む「歴史修正主義おじさん」のリスク

「それもこれも俺の手柄」と言い切る人々

自分の都合のいいように「歴史を修正」するおじさん、いますよね……(イラスト:ずんずん)
会社がつらい、辞めたい……。そう思う人は、仕事そのものというより、職場の人間関係で行き詰まっていることも多いかもしれません。
自分自身に原因があるとは限りません。会社のあちこちに生息する「困ったおじさん、おばさん」に追い詰められていることも。
そんな恐るべき現場を数多く見てきたのが、元外資系OLでコラムニストのずんずんさん。この連載では、そんな彼らの生態を解き明かし、対策も考えていきます。

オフィスに生息する困ったおじさん、おばさん

あなたのオフィスにも、困ったおじさん、おばさんはいませんか? どこにだって困った人はいますよね。長い間社会人をしていれば、必ず1人や2人は出会うはずです。

ずんずんさんによる新連載、今回が初回です

こういった人たちって遠目で眺めている分にはいいんですが、運悪くかかわることになってしまったら、さあ大変。ひどい目にあわされたりして、

覚えてろよ~!!! このXXX!

と某議員のような、呪いの言葉を心の中で叫んでしまうこともしばしば……。

この困ったおじさんやおばさん、実はいろいろ種類がありまして、全国の善良なビジネスパーソンを困らせているというのです。

どんな困ったおじさん、おばさんがいるかと言いますと、今日ご紹介したいのは……、

困ったおじさん エントリーナンバー1番、

「歴史修正主義おじさん」

です。

次ページ歴史修正主義おじさんとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT